【動画】食べものがあるのになぜ? イエメン、子どもの栄養危機

2022年01月13日掲載

重度の栄養失調でやせ細った赤ちゃん=2020年9月イエメン、アブス病院の栄養治療センター © Nuha Haider/MSF重度の栄養失調でやせ細った赤ちゃん=2020年9月イエメン、アブス病院の栄養治療センター © Nuha Haider/MSF

7年におよぶ内戦が続く中東イエメン。国民のおよそ7割が人道支援を必要としており、子どもたちへの影響は深刻だ。昨年、急性栄養失調に陥った5歳未満の子どもの数は約230万人、そのうち重度の栄養失調は約40万人と推定され、危機的な状況にある(2021年2月、国連関連機関の報告)。

国境なき医師団が支援する北西部のアブス病院でも、栄養失調の子ども患者が年々増加。食料は不足していないにもかかわらず、イエメンで栄養失調が増え続けているのはなぜか。その理由をアニメーションで解説。

関連情報