ミャンマー

2019年、ラカイン州でミャンマー軍とラカインを支持する民族派アラカン軍との戦闘が続いた結果、5万人以上が避難民となった。その数カ月後、国際人道援助団体の現地入りが許可されたことを受けて、国境なき医師団(MSF)は6月にブティドンで、また11月にはマウンドーで避難民の援助活動を再開した。移動診療の運営、健康教育や心理社会面の支援に加え、蚊帳や毛布、石けんなどの救援物資の配布、避難所や衛生設備の建設を行った。同州中央部のパウクタウ町では、ムスリム系少数民族のロヒンギャとカマン・ムスリムが暮らす避難民キャンプで活動を継続。一般診療、移動診療、心のケアを行った。

MSFはまた、移民や避難民、薬物使用者やセックスワーカーなどHIVに感染しやすい人が大勢暮らす北部の隣国カチン州とシャン州で、新たに活動を開始。一般診療に加え、性暴力HIVC型肝炎結核の治療を行っている。

MSFは1992年にミャンマーで初めて活動。2019年にはスタッフ1005人が活動し、1390万ユーロ(約16億9600万円)を支出した。

最新活動実績(2019年)

診察した外来患者数
41,000
治療したHIV患者数
15,100
結核治療を始めた患者数
430

最新の海外派遣スタッフの声

一覧を見る

最新の活動ニュース

一覧を見る