コンゴ民主共和国

紛争が続き医療体制の整備も遅れているため、国境なき医師団(MSF)は緊急対応を続けている。人びとは激しい暴力や性暴力にさらされ、人援助団体が襲撃される事件も繰り返し起きている。MSFは暴力の被害者を治療するほか、栄養失調マラリアコレラの流行に対応。2018年は9回のはしかの流行に見舞われたほか、2度にわたってエボラ出血熱が発生し、この国で例を見ない規模の大流行となった。MSFは、暴力の発生や感染症の大流行などに迅速に対応できるよう、緊急チームが監視を続けている。MSFは1977年にコンゴ民主共和国で初めて活動。2018年にはスタッフ2848人が活動し、1億990万ユーロ(約143億3000万円)を支出した。

最新活動実績(2018年)

外来診療件数
1,826,300
マラリア治療を受けた患者数
776,600
入院患者数
102,600

最新の海外派遣スタッフの声

一覧を見る

最新の活動ニュース

一覧を見る