ワクチン・予防接種

基本情報

予防接種は、公衆衛生上で最も費用対効果が高い医療活動の1つである。しかし、世界保健機関(WHO)が推奨している予防接種*を受けておらず、防げるはずの病気で亡くなっている人が年間約150万人にのぼる。

  • WHOはDTP(ジフテリア、破傷風、百日咳)、はしか、ポリオ、B型肝炎、B型インフルエンザ(ヒブ)、肺炎球菌結合、ロタウイルス、BCG(結核)、風疹、ヒトパピローマウイルス(HPV)を推奨しているが、地域によって推奨ワクチンは異なる

国境なき医師団(MSF)は、予防接種率が低い国で基礎医療プログラムの一環として予防接種を提供し、5歳未満の子ども全員に実施することを目指して援助を行っている。予防接種は、はしか黄熱病髄膜炎コレラなどの流行阻止にも重要な役割を果たす。

最新の活動ニュース

一覧を見る