ワクチン・予防接種

防げるはずの病気を予防する

予防接種は、公衆衛生上で最も費用対効果が高い医療活動の一つである。世界保健機関(WHO)と国境なき医師団(MSF)が推奨する予防接種で、年間200万~300万人の命が守られているとされる。

DTP(ジフテリア、破傷風、百日咳)、はしか、ポリオ、B型肝炎、B型インフルエンザ(ヒブ)、複数の種類の肺炎球菌、ロタウイルス、BCG(結核)、風疹、黄熱、ヒトパピローマウイルス(HPV)に対するワクチンが推奨されているが、地域によって推奨ワクチンは異なる。

MSFは、予防接種率が低い国で基礎医療プログラムの一環として5歳未満の子どもに予防接種を実施。予防接種は、はしか、黄熱病、髄膜炎コレラなどの流行を食い止めるために重要で、集団での避難や生活条件・健康状態の急速な悪化を伴う人道危機に際しては、病気による負担の増加や流行を避けるため、大規模に行われている。2019年、MSFは227万1900回の定期予防接種を行った。

最新の活動ニュース

一覧を見る