エボラ出血熱

基本情報

どんな病気?

ウイルス性の感染症。致死率の高さが特徴で、25%から最高で90%程度に達することもある。初期症状では嘔吐と下痢が見られ、インフルエンザなど他の多くの病気と症状が似ている。また、一部の症例で、出血症状がみられる。

流行地域

1976年に初めて確認された。2014年2月、西アフリカのギニアで流行が始まり、シエラレオネ、リベリア、ナイジェリア、その後コンゴ民主共和国などへと拡大した。

感染経路

アフリカでは感染したコウモリによって感染が始まったとされる。ウイルスは感染した人の体液を通じて感染する。

治療

抗ウイルス薬がコンパッショネート・ユース(※)や臨床試験の枠組みで用いられているが、その他は水分補給や、熱・嘔吐への対症療法に限られている。

  • 人道的配慮から、生死に関わる病気の患者に対し、販売承認に先立って未認可薬の使用を認める制度

予防

致死率は高いものの、ウイルスは脆弱で、日光、熱、漂白剤、塩素、石けん、水で除去できる。試験段階の2種類のワクチンが、感染者と接触した人や医療従事者に用いられている。患者を厳格な感染対策の整った施設で治療する、感染者との接触歴があり体調のすぐれない人を特定・保護する、安全な埋葬を執り行うなどの感染予防策が欠かせない。感染リスクと予防策ならびに、症状の見られる場合の対処についての周知活動も重要。

最新の活動ニュース

一覧を見る