ナイジェリア

北東部では10年にわたって政府軍と武装対抗勢力の争いが続く。190万人が避難生活を強いられ、770万人が人口援助に頼っている(UNHCR調べ)。

国境なき医師団(MSF)は、医療施設において、ER室、手術室、産科病棟、小児科病棟、外来病棟などをサポート。栄養治療、予防接種、心理ケア、性暴力被害者のケアなども展開している。

一次医療を提供する施設を、マイドゥグリ、ンガラ、ラン、バンキ、プルカに、二次医療を提供する施設を、プルカとグウォザに、小児科病院をマイドゥグリとダマトゥルに常設している。必要に応じて、移動診療をガジガナ、ガジラム、クカワで展開している。

ボルノ、ヨベ、アダマワ、バウチ、ザムファラの4州でのコレラ流行に対応。2万6900人を治療した。3月にはナイジェリア史上最大のラッサ熱の流行に対応した。

東側に接する隣国カメルーンからは、政治衝突を避けて、3万人以上が避難してきた。6月には、難民キャンプなどで診療・治療を行い、清潔な水を提供する活動をした。

MSFは1996年に初めてナイジェリアで活動。2018年にはスタッフ2365人が活動し、4490万ユーロ(約58億5000万円)を支出した。

最新活動実績(2018年)

外来診療件数
334,300
マラリア治療を受けた患者数
41,300
入院患者数
60,200

最新の海外派遣スタッフの声

一覧を見る

最新の活動ニュース

一覧を見る