ハイチ

質の高い保健医療を受けられない人たちが多くいるハイチ。国境なき医師団(MSF)は、貧しい人たちへの医療ケアのほか、メンタルヘルスケアや、母子保健医療などに取り組む。スラム街では、近くに火傷治療に特化した専門施設を設置。貧しい家庭では、劣悪な生活環境により、特に子どもが家庭内で火傷することが多い。また、一次医療機関も設置し、コレラなどの病気が広がらないよう、外来患者の診察などもしている。MSFは1991年にハイチで初めて活動。2017年にはスタッフ2148人が活動し、4070万ユーロ(約51億5700万円)を支出した。

最新活動実績(2017年)

外科手術の実施件数
13,000

最新の海外派遣スタッフの声

一覧を見る

最新の活動ニュース

一覧を見る