タジキスタン

活動の概要

他の旧ソ連圏と同様、結核の流行が課題のタジキスタン。国境なき医師団(MSF)は、子どもとその家族を対象に結核の診断と治療を提供し、患者を新型コロナウイルス感染症から守るための対策を講じた。

2020年、MSFは新型コロナの高リスク集団である結核患者を守るべく、全患者に家族監視下療法プログラムへの登録を促した。この療法では、同じ世帯に住む支援者が自宅で結核薬の投与を担うため、患者は毎日診療所に出向かずに済む。また、診療所での受診が必要な患者のために、トリアージの体制を確立し、施設での新型コロナ感染リスクの最小限化を図った。

過去1年間に新たに診断された結核患者のうち、66%は接触歴の追跡で特定されており、その半数が子どもだった。

続きを読む

3月には首都ドゥシャンベで、新しい検査技術と短期化された治療計画による潜在性結核感染症(LTBI)の診断・治療に関する予備研究を開始。世界保健機関の2020年指針に基づき、MSFがその他の協力機関とともに起草したLTBI標準診療のプロトコールは、タジキスタンでの効果的な結核対策に貢献するものと思われる。

廃棄物の管理と感染対策を改善するためにMSFが2019年に建設を開始したマチトン病院(国立結核・呼吸器学・胸部外科センター)の廃棄物管理区画は、4月に保健・国民社会保護省に移譲した。

MSFはまた、2016年から2020年まで、クリャーブ市とその周辺地域で小児・家族向けのHIV/エイズプロジェクトを展開。子ども患者の治療の質を高め、感染予防対策を大幅に改善させた。同市の小児HIV/エイズ罹患率・死亡率の低減という目的を達成し、このプロジェクトも3月に保健・国民社会保護省へ引き継いでいる。

1997年にタジキスタンで初めて活動。2020年はスタッフ76人が活動し、220万ユーロ(約2億6818万円)を支出した。

(2020年報告)

活動の実績

結核の治療を開始した患者数 52

(2020年実績)

タジキスタンの活動ニュース

活動ニュースを選ぶ