レバノン

100万人以上のシリア人が避難しているレバノン。2011年にシリアで紛争が起きて以来、人口1人あたり受け入れている難民の数が最も多い国となっている。多くの難民が、最も基礎的なニーズも満たせないほどの困難な状況下で生活している。一方で、レバノン国内の経済とインフラは、それまでにいたパレスチナ人などに加えてシリア人難民が来たことで限界に追いやられている。レバノン保健省の努力にもかかわらず、大勢の難民に対しての、1次医療と2次医療支援、診療費、検査、医薬品供給は十分ではない。

国境なき医師団(MSF)は、レバノンに避難しているシリア人難民と弱い立場にある地域住民を対象に医療援助を続けている。主な活動地はレバノン北部で、ベッカー高原、ベイルート市南部、サイダ市などで、無償で質の高い1次医療を担っている。また、急性疾患、慢性疾患、リプロダクティブ・ヘルスケア(性と生殖に関する医療)心のケア、健康教育活動を行っている。また産科・小児科診療所も国内各地で運営している。

MSFは1976年に初めてレバノンで活動。2018年にはスタッフ649人が活動し、2980万ユーロ(約38億8592万円)を支出した。

最新活動実績(2018年)

外来診療件数
125,400
個人に対する心理ケア相談件数
11,700
出産介助件数
4,660

最新の海外派遣スタッフの声

一覧を見る

最新の活動ニュース

一覧を見る