チャド

例年は春から6月の雨期までで終息するはしかの流行が2018年から2019年にまで長引き、最終的には同国126の地区のうち75地区にまで広がった。事態を受けて、国境なき医師団(MSF)は6つの地区で子どもたちに集団予防接種を実施。首都ンジャメナにはしか科を設置した。

季節性の食糧難、購買力の低さや、経済危機を背景に栄養失調に陥る子どもが多かったため、MSFは首都のンジャリにある入院栄養治療センター(ITFC)を再開。患者を引き受けきれないでいた他の医療機関を支援した。また、髄膜炎マラリアの流行にも対応した。特にモイサラでは9万600人余りの子どもにマラリア治療を行ったほか、同地域での活動を拡大し、地域の診療所から入院治療まで、あらゆるレベルで母子保健・産科医療を受けやすくした。

MSFは1981年にチャドで初めて活動。2019年にはスタッフ317人が活動し、990万ユーロ(約12億800万円)を支出した。

最新活動実績(2019年)

外来診療件数
154,800
マラリア治療をした患者数
109,900
外来給食プログラムによるケアを受けた子どもの数
5,600

最新の海外派遣スタッフの声

一覧を見る

最新の活動ニュース

一覧を見る