【動画】新型コロナウイルス:感染が怖くて受診できない——。乳幼児の死亡率世界最悪のシエラレオネを襲うコロナ禍

2020年06月29日掲載

栄養失調、下痢、マラリア——。これらはシエラレオネにおける上位3つの死因だ。この国では乳幼児の死亡率が世界で最も高く、多くの幼い子どもが命を落としている。

危機的な状況にさらなる追い打ちをかけているのが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行だ。親たちは我が子の具合が悪くなっても、ウイルスに感染することを恐れて医療機関を受診しようとしない。その結果処置が遅れ、病院に搬送されたときにはすでに手の施しようがないケースもあるのだという。

しかし早い段階で治療すれば、命にかかわる事態は避けられる。国境なき医師団(MSF)は子どもを対象にした移動診療を行うとともに、マラリアの感染予防に関する指導を実施するなど、命を守る活動を続けている。

関連情報