【動画】5歳で武装勢力に拉致された少年、傷ついた心に寄り添って

2020年09月25日掲載

ナイジェリア北東部の町、グウォザに住むアブバカルくん(10歳・仮名)は、5歳の時に武装勢力に拉致され、5年間にわたって拘束されていた。自力で故郷に戻ったものの、幼少期における壮絶な体験は自由の身になった今もなお、彼の心に深い傷跡を残している。

国境なき医師団(MSF)は、心理カウンセラーによるケアを通じて、アブバカルくんが笑顔を取り戻し、新たな人生を歩むためのサポートを行っている。 

関連情報