【動画】ロヒンギャ危機から4年 世界最大級の難民キャンプに暮らす人びとの声

2021年10月08日掲載

ミャンマー政府によるロヒンギャの人びとに対する大規模軍事作戦から4年。現在隣国のバングラデシュで避難生活を送るロヒンギャ難民の数は、約90万人に上る。難民キャンプでは基本的な権利や医療サービスへのアクセスが制限され、人びとは肉体的にも精神的にも追い詰められている。

故郷に戻ることを望みながら、それがかなわない現状に苦悩する人びとと、現地で彼らの窮状を目の当たりにしてきた国境なき医師団のスタッフの声を伝える。

関連情報