【動画】新型コロナウイルス:米国に拒否された難民・移民を感染から守れるか

2020年07月29日掲載


メキシコは今、世界で6番目に新型コロナウイルスの感染者数が多い国(2020年7月29日現在/Worldometerを参照)。
アメリカとの国境沿いには、中南米の政情不安な国々を逃れ、米国への難民申請を待ち望む多くの人が暮らす。

一方、米国政府は今年3月以降、国境を閉ざし、申請手続きの一切を拒否。国境付近にある仮設キャンプの人びとは、新型コロナウイルスの感染拡大のみならず、暴力などのさまざまな危険にさらされている。

メキシコ国内で支援が行き渡らない中、国境なき医師団(MSF)は、キャンプの人びとへの感染防止対策や医療援助を強化している。

関連情報