【動画】難民から医療スタッフへ カンボジア内戦を生き抜いた夫婦のいま

2021年10月11日掲載

砲弾が降り注ぐ密林を、必死で逃げた記憶──。1978年、ポル・ポト政権下のカンボジアにベトナムが侵攻し、幼いユウトはたった一人、タイの難民キャンプへ逃れた。

チャムローンとユウト夫妻は、カンボジア内戦でタイの国境にあるカオダン難民キャンプに避難した。医療の知識のなかった二人が、国境なき医師団(MSF)の病院でそれぞれ薬剤師、助産師として働くようになったのは、ある出会いがきっかけだった。

あれから長い年月が経ち、いま、二人が思うことは──。

関連情報