差別、家族からの離縁、深まる孤独……性暴力の見えない影響

2021年08月03日掲載

コンゴの国内各地でMSFは性暴力の被害者へ無償で医療と心のケアを提供 © Candida Lobes/MSFコンゴの国内各地でMSFは性暴力の被害者へ無償で医療と心のケアを提供 © Candida Lobes/MSF

「性暴力の被害者は、病気がなくても『体中が痛い』とよく訴えます。私たちはこの訴えをきっかけに、心のケアを開始します」

こう話すのは、コンゴ民主共和国(以下、コンゴ)にある国境なき医師団(MSF)の診療所で、心のケア活動を率いるコルネイユ・カンガンギラ。「性暴力が与える影響は身体的なものにとどまりません。それは目に見えない痛みなのです。レイプだけでなく、周りの人からの拒絶も加わると、さらに大きなトラウマ(心の傷)を抱えることになります」 

衝撃的な数の性暴力被害

1万810人──2020年にコンゴで性暴力に遭い、MSFの治療を受けた患者の数だ。その大部分は女性で、未成年者は2割近くを占める。ただこの衝撃的な数字でさえ、氷山の一角に過ぎないだろう。助けを求めることも、誰かにも打ち明けることもできず一人で苦しんでいる人が、あとどれくらいいるかは知れないからだ。

MSFが出会った患者は皆、毎日悲しみに耐えていた。この国でまん延する性暴力を受けた被害者は、心身の傷と、さらに社会的差別や経済面での排除という、何重もの苦しみを味わうからだ。辛い日々を生き延びてきた人たちに話を聞いた。

コンゴのMSF診療所にて、性暴力の被害者(43歳) © Candida Lobes/MSFコンゴのMSF診療所にて、性暴力の被害者(43歳) © Candida Lobes/MSF

家族の目の前でレイプされ…/レオニーさん(仮名、40歳)

「家族と共に家へ帰る途中でした。武器を手にした男たちに出くわしたのです。“殺すぞ”と脅され、私は子どもたちの目の前でレイプされました。相手は6人いて、とても逃げられませんでした。子どもに手を出されたくなかったからです。

私はもう前と同じ人間ではありません。最悪なのは、他人の視線や孤独感です。夫には「お前とはもう夫婦じゃない」と言われました。夫は目にしたことに耐えられなかったのです。私のことを拒み、子どもと一緒に家から追い払いました。この3カ月間、私は道端で小物を売りながら子どもたちを養い、親戚の家で暮らしています。

子どもたちを見ると、恥ずかしくなって目をそらしてしまいます。12歳の長男は、母親が6人の男にレイプされるのを目撃したのですから。家を追い出されたことも、夫や義理の家族に中傷されたことも恥ずかしい。子どもたちは振る舞いが悪く、私を見るときはうつむき加減になります。

性暴力の被害者でHIVにも感染した10代前半の少女 © Candida Lobes/MSF性暴力の被害者でHIVにも感染した10代前半の少女 © Candida Lobes/MSF

生き延びるために道は一つしかなかった/フェリシテさん(仮名、19歳)

父が亡くなり、叔父の家で暮らすことになりました。叔父は奥さんが買い物に出たすきに、私に性行為を強要してきました。私を自分のものにしたいと……。でもその時は失敗に終わりました。

ある日、叔父が炭酸水ボトルを持って私の部屋に入ってきました。それを飲んだ後、私は気を失い……、薬が入っていたのです。レイプされ、目が覚めると、怖くてどうやって話せばいいのかわかりませんでした。叔父を非難しても、笑い物にされるだけじゃないかと。

でもある日、勇気を出して彼の奥さんに伝えました。秘密を抱えたまま生きるのは、あまりにも辛かったからです。すると奥さんは「家庭内で問題を起こそうとしている」と言い、私を家から追い出したのです。

まだ17歳だった私は、どうやって食べていくのか考えなければならなくなりました。他に行けるところはありません。生き延びるために、セックスワーカーになるしかなかったのです。

性暴力を受けた女性(28歳) © Candida Lobes/MSF性暴力を受けた女性(28歳) © Candida Lobes/MSF

幼い我が子から引き離された/ジャンヌさん(仮名、28歳)

田舎にいる年老いた両親は助けが必要です。私は食べ物を持って、両親のところへ出かけました。その道中で武装した5人の男に捕まり、地面に投げつけられました。2人が私をレイプし、残りの3人は終わるまで見張っていました。彼らは、私が持っていたもの全てと、わずかなお金も奪っていきました。

できる限り身づくろいをしてから家に戻りましたが、体は痛いところだらけでした。家に帰ってから夫にこの出来事を話すと、夫は私を追い出し、3人の子どもたちとも引き離しました。子どもたちは叔母に預けられてしまった上に、面会も許されていません。2歳から6歳の、まだとても小さな子どもなのです。

カサイ州にあるMSF診療所で治療中の患者。MSFは2020年、コンゴで運営する22のプロジェクトで1万810人の性暴力の被害者を支援した © Candida Lobes/MSF
カサイ州にあるMSF診療所で治療中の患者。MSFは2020年、コンゴで運営する22のプロジェクトで1万810人の性暴力の被害者を支援した © Candida Lobes/MSF

関連情報