新型コロナウイルス:「お誕生日おめでとう」患者の孤独に寄り添う、集中治療室の看護師

2020年05月11日掲載

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対応するため、今世界中で多くの医療従事者が奮闘している。

国境なき医師団(MSF)の看護師、カトリネ・ツィンマーマンもその一人だ。アフリカや中米で長年にわたって医療援助活動に取り組み、今、スイスで新型コロナウイルス対応の最前線で活動している。5月12日の国際看護師の日を前に、彼女の思いを聞いた。  

新型コロナウイルス感染症の対応にあたるツィンマーマン看護師(中央) ©Nora Teylouni / MSF新型コロナウイルス感染症の対応にあたるツィンマーマン看護師(中央) ©Nora Teylouni / MSF

「お誕生日おめでとう」たった一人で誕生日を迎える患者さんに

今年3月からジュネーブ大学病院で、既存の治療室を感染者用の治療室に整備する活動に参加しました。手術室や回復室などを、感染者を受け入れられるように整備するのです。 その後も病院の集中治療室で感染者の対応に当たっています。

日常とかけ離れたこの病院で、特に強く感じるのが患者さんの孤独感です。数日前、私が看護を担当していたある感染患者さんが80歳の誕生日を迎えました。本当であれば一緒に祝うはずの家族は、病室に入ることはできません。そこで、インターネット通話で家族とつなぎ、家族と一緒にお祝いすることができました。

80歳の誕生日を一人きりで過ごすのは、きっとつらかったことでしょう。そのような時、看護師や医師などの医療スタッフは、患者さんと家族を結ぶ唯一のつながりになるのです。その後、この男性は自力で呼吸できるようになり、人工呼吸器を外すことができました。早く家族と再会できることを願うばかりです。

普段は集中治療室で挿管されている患者さんは多くありませんが、ここでは全員がそうです。たくさんの患者さんが挿管され、呼吸を改善するために横たわっているのを見て圧倒されました。しかし、患者さんたちが治療を受けて回復し退院するという知らせを聞くと、私たちはまた力を得ることができるのです。 

一人一人の患者に寄り添う ©Nora Teylouni / MSF一人一人の患者に寄り添う ©Nora Teylouni / MSF

パニック、ストレス…… 病気への恐怖は共通

長年の経験から、病気が流行したときに人びとがどれだけ不安を覚えるかが分かります。パニックに陥ったり、ストレスを感じたり、置かれた環境との闘いがあったり、医療者自身も不安を感じたり……、どれもこれまでに経験したことと似ています。

MSFは、欧州よりも設備が整っていない世界中のさまざまな地域で、医療体制が崩壊しないよう、予防から治療まで最善を尽くしています。しかし、人材不足は否めません。人や物資に課された移動制限が、対応をさらに難しくしているからです。

最善の方法を取ってもできることには限りがある今、無力感や限界を感じることもあります。それでも私の一番の関心事は、受け持っている患者さんにいかに良いケアを提供できるかということです。 

集中治療室での新型コロナウイルス感染患者への治療  © Nora Teylouni / MSF集中治療室での新型コロナウイルス感染患者への治療  © Nora Teylouni / MSF

関連情報