南スーダン:武力衝突が激化し、数千人が避難。8年前の悪夢を避けられるか

2020年07月01日掲載

南スーダン・ピボールの避難民キャンプにて、武力衝突から逃れた子どもたち © Gabriele François Casini/MSF南スーダン・ピボールの避難民キャンプにて、武力衝突から逃れた子どもたち © Gabriele François Casini/MSF

ここ数カ月、コミュニティ間の武力衝突が止まない南スーダン

東部のピボール郡では数日間にわたる激しい戦闘が起こり、数千人が低木地帯への避難を余儀なくされた。国境なき医師団 (MSF) は6月23日、この地域の人びとの命が脅かされていると警告。スタッフも身の安全のために避難せざるを得ず、MSFはピボールでの医療活動は中断している。

銃弾から逃れる人びと

コミュニティ間にある緊張の再燃と見られるこの戦闘は6月15日、武装集団がグムルク村へ移動する途上、マニャボル周辺で勃発した。多くの人は戦いに巻き込まれる前に避難したと伝えられている。現地から数十キロメートル離れたピボールのMSF一次診療所では、銃弾に打たれた3人の患者を受け入れた。

「終わらない戦闘がトラウマとなり、人びとの目は恐怖と深い悲しみで満ちています。家は燃やされ、家畜や財産が略奪されたのです。銃弾がまだ体に残ったままの患者の手当てをしたのですが、武装集団への恐怖心から彼らは治療を終える前に去ってしまいました。今どこにいるのかも分かりません」と、MSF看護師のマルコ・ンガチェンは言う。

戦線がピボールの町に近づくと、MSF職員を含むほぼ全ての住民は低木地帯へ自主的に避難した。「スタッフは命の危険を感じて家族とともに避難しました。スタッフがいなければ、医療施設を運営し続けることはできません。最も医療が必要とされるときに医療を提供できない状態となり、非常に懸念しています」。南スーダンで MSF の活動責任者を務めるイブラヒム・ムハンマドはそう語る。

「衝突が続けば、さらに負傷者が出ます。まもなくマラリアが流行する時期になるので、適切な処置ができなければ、人びとはマラリアの危険性にもさらされます。また栄養状態、特に5歳未満の子どもの状態はすでに憂慮すべきレベルで、その悪化も心配されます。状況が許せば、すぐにでも医療活動を再開するつもりです」

ピボールの避難民キャンプ。水や食料が足りず、衛生状態も良くない © Gabriele François Casini/MSFピボールの避難民キャンプ。水や食料が足りず、衛生状態も良くない © Gabriele François Casini/MSF

長年続く闘争、一番の犠牲者は民間人

ピボールのMSF一次診療所では昨年、3万2000人以上の患者を治療したが、そのほとんどがマラリア、呼吸器感染、下痢に苦しんでいた。数千人が避難を強いられた今回の事態では、子どもの健康状態に悪影響を及ぼす可能性がある。6月中旬の指標ですでにその傾向が見られ、MSF医療センターで治療を受けた5歳未満の子どものうち、70%以上がマラリアを患っていた。昨年の同時期では43%だった。子どもにおける重度急性栄養失調は6%で、食糧危機が差し迫っていることを示している。

南スーダンは昨年末に起こった壊滅的な洪水から回復しつつあった。だが新たな衝突が頻発したことによって、人道援助団体が地域の人びとに支援を安全にすぐさま届けることはできなくなった。加えて新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが、何十年も続く紛争ですでに打撃を受けている医療インフラをさらに脅かす。これらの要因が緩和されなければ、人道状況は過酷さを増す一方となるだろう。

残虐な暴力事件が続き、ピボール郡の状況が悪化していることについて、MSFは年初より繰り返し警告してきた。3月に勃発したコミュニティ間の衝突で、MSFはピボールで45人以上の銃弾負傷者を治療。ピエリとランキーンでは3月9日から13日までのわずか5日間で、83人の負傷者に手当てがなされた。ピエリでは先月、戦闘が再燃し、MSFの職員が殺害され、多数の負傷者が出た。南スーダン東部のこの地域は、2012年にもコミュニティ間の闘争によって極度の暴力に見舞われた。今年の度重なる衝突によって、当時の悲惨な状態へと逆戻りしてしまうのではないかとMSFは深く憂慮している。

「戦闘が続くことで一番犠牲を払うのは、民間人です。負傷したり殺されたりすることを免れたとしても、強制的に移住させられ、家や生活を失ってしまう。民間人を保護し、被災者や負傷者に十分なケアと支援を確保するには、人道援助団体がこの地域に効果的にアクセスできる必要があります」と、ムハンマドは念を押す。

ピボールの避難民キャンプ ©MSFピボールの避難民キャンプ ©MSF

関連情報