“世界で最も忙しい”産科——仏アーティストが描く「女性による、女性のための」病院

2019年01月11日掲載

アフガニスタンのMSF病院を訪問したオーレリー・ネイレアフガニスタンのMSF病院を訪問したオーレリー・ネイレ

アフガニスタン東部ホースト州。パキスタン国境から約30kmのこの場所に、年間10万人以上の赤ちゃんが産声を上げる病院がある。

国境なき医師団(MSF)が2012年に開設したホースト産科病院は、MSFの活動地で最も出産件数が多いだけでなく、世界的に見ても随一の“多忙”な産科病棟だ。 

首都カブールの南東約150kmに位置するホースト州首都カブールの南東約150kmに位置するホースト州

不安定な治安状況や道路事情、長引く紛争による医療者不足で、出産によって命を落とす人が後を絶たないアフガニスタン。質の高い産科医療が無償で受けられるMSF病院を訪れる女性は増え続けている。

フランス人アーティスト、オーレリー・ネイレは、毎月2000人もの新たな命が生まれる現場を見るため、ホースト産科病院を取材。文化的な理由で写真や映像には出られないアフガニスタンの人びとを、生き生きとした筆致で描いた。 

女性の採用数は州内「最多」院内に託児所も設置

「ホースト産科病院の活動は、産科医療以上の価値があります。ここは、女性による、女性のための病院なのです」。そう語るのは、ベルギー出身のMSF産婦人科医セヴリン・キャルワーツ医師。外国人派遣スタッフとして、同病院で通算9回の活動経験を持つ。 

スタッフは職種別に色分けされたユニフォームを着用 
© Aurelie Neyret/The Ink Link/MSFスタッフは職種別に色分けされたユニフォームを着用
© Aurelie Neyret/The Ink Link/MSF

ジェンダー規範の厳しいアフガニスタンには、男女を隔離する風習がある。ホースト州にはこの伝統が根強く残っているうえ、産科ではなおさら、異性との接触を避けるための配慮が必要だ。

そのため、約430人いる現地採用スタッフは、ほぼ全員が女性。病棟の大半は女性専用で、手術室と新生児病棟を除き、男性スタッフの立ち入りは禁止されている。MSFは、ホースト州で女性を最も多く採用している職場でもあるのだ。 

病院に一歩足を踏み入れれば、患者はブルカ(イスラム教徒の女性が着る、全身を覆うベール)を脱ぎ、病棟内で気兼ねなく授乳することもできる。男性の前では決してできないことだ。

ジュディス医師はニュージーランド出身の麻酔科医。産科麻酔を主な専門とし、40年以上にわたって世界各地で働いてきた。この病院では、現地の麻酔科看護師や医師の指導が主な仕事だ。現地スタッフは、手術室での経験豊かなジュディスから貪欲に吸収し、受け継いだ技術でケアを改善している。 © Aurelie Neyret/The Ink Link/MSFジュディス医師はニュージーランド出身の麻酔科医。産科麻酔を主な専門とし、40年以上にわたって世界各地で働いてきた。この病院では、現地の麻酔科看護師や医師の指導が主な仕事だ。現地スタッフは、手術室での経験豊かなジュディスから貪欲に吸収し、受け継いだ技術でケアを改善している。 © Aurelie Neyret/The Ink Link/MSF

育児中のスタッフも仕事を続けられるよう、院内には無償の託児所も設置。「幼い子どもを持つ女性でも働きやすい環境を整えることで、大切な人材を失わずに済み、私たちも助かっています」とキャルワーツ医師。

スタッフの職種は、清掃担当から看護師、医師まで多岐にわたる。「そのほとんどが、それまで職を持たなかった人です。でも、新たなスキルや資格を得ることに意欲的で、清掃担当から受付係に、受付係から助産師に、助産師から医師に、とキャリアアップしています」。 

エステルは、ケニア出身の助産師チームリーダー。20年以上にわたって、赤ちゃんを取り上げてきたベテランだ。ホースト産科病院では分娩室と陣痛室でアフガニスタン人の助産師チームを率いている。多いときには、合併症の患者を含め同時に10人のお産を扱うことも。廊下の向こう側ではさらに20人の妊婦が出産の最終段階を迎えている。© Aurelie Neyret/The Ink Link/MSFエステルは、ケニア出身の助産師チームリーダー。20年以上にわたって、赤ちゃんを取り上げてきたベテランだ。ホースト産科病院では分娩室と陣痛室でアフガニスタン人の助産師チームを率いている。多いときには、合併症の患者を含め同時に10人のお産を扱うことも。廊下の向こう側ではさらに20人の妊婦が出産の最終段階を迎えている。© Aurelie Neyret/The Ink Link/MSF

種をまけば、花が育つ

病院スタッフが目指すのは、病院に来る女性の心がなごむような場所。アフガニスタン人のスタッフは特に、地元の患者さんに対して親しく話しかけ、家族のように接している。患者とスタッフが実際に親族ということも珍しくない。ここで働くスタッフは、この病院で赤ちゃんを生むことを姉妹や親戚にも勧めているからだ。 

ファリダ(仮名)は ホースト産科病院に勤める若い助産師。彼女自身、この病院で第一子となる男の子を32週で出産したばかりだ。MSFのすばらしい同僚に助けられながら、新生児病棟のカンガルーケア室で赤ちゃんをお世話している。
「この経験を生かして、助産師としてもっと成長できると思います。以前は、分娩や未熟児の育児の大変さが全く分かっていませんでした。職場に復帰したら、お母さん方を理解し、思いやりが持てるでしょう」 © Aurelie Neyret/The Ink Link/MSFファリダ(仮名)は ホースト産科病院に勤める若い助産師。彼女自身、この病院で第一子となる男の子を32週で出産したばかりだ。MSFのすばらしい同僚に助けられながら、新生児病棟のカンガルーケア室で赤ちゃんをお世話している。
「この経験を生かして、助産師としてもっと成長できると思います。以前は、分娩や未熟児の育児の大変さが全く分かっていませんでした。職場に復帰したら、お母さん方を理解し、思いやりが持てるでしょう」 © Aurelie Neyret/The Ink Link/MSF

ホースト産科病院では現在、オープン時の約2倍に上る患者を受け入れている。MSFはより複雑な分娩に注力するため、州内5ヵ所の診療所と連携。24時間の産科診療や、助産師の訓練、物資面の支援などを行い、正常分娩は診療所で助産師が扱う体制を整えている。今後は、合併症を伴う症例を重点的にMSFの病院に紹介する予定だ。

「(ホースト産科病院で)私がかつて帝王切開を教えた医師が、自信を持って自分でできるようになっている。たった1年で、手助けがいらないレベルまで成長しているんです。だから、何度もここへ戻ってきたくなります。まるで、種をまき、花が育ち、ときにはバラが咲くように——その変化を見るのは、すばらしいことです」(キャルワーツ医師) 

関連情報