【イベント報告】オンライン講演会「知られざる苦難 生きるために南アフリカを目指す人びと ~ジンバブエから生中継~」

2021年06月02日掲載

国境なき医師団(MSF)は、5月27日にオンライン講演会「知られざる苦難 生きるために南アフリカを目指す人びと ~ジンバブエから生中継~」を開催しました。ジンバブエで活動中のプロジェクト・コーディネーター、上西里菜子が、活動地で目の当たりにした移動を強いられる人びとの現状、なぜ彼らが南アフリカを目指すのか、新型コロナウイルス感染症の脅威や今後の課題、MSFの活動について、生中継でお伝えしました。

当日は、600人を超える方々にご参加いただきました。質疑応答の時間には、新型コロナウイルスの影響や支援のニーズについて、移民の人びとの健康状態や食料事情、心のケア、スタッフが活動地で必要となる言語の習得についてなど、さまざまな質問に答えました。

講演会は以下より視聴できます。ぜひご覧ください。(再生時間:約60分)
 

講師派遣について

国境なき医師団では、若い世代に世界で起きている人道危機を伝え、行動を起こすきっかけとするため、小学生向けの教育プログラムや、中学校・高校へ海外での援助活動経験者を講師として派遣する、講師派遣活動に力を入れています。詳しくは下記ページをご参照ください。

講演・小学生向け教育プログラム