【動画】僕が元気にサッカーができる理由 1型糖尿病に負けない

2019年11月14日掲載

元気にサッカーで遊ぶ少年のフサムさん(12歳)。

実は、1型糖尿病を患っており、国境なき医師団(MSF)の病院で治療を続けています。

1型糖尿病は、すい臓の細胞が自己免疫などによって壊れ、血糖値を下げるホルモン・インスリンを出す力が弱まったり、インスリンが出なくなったりすることで起こる病気です。治療では、インスリン注射と、持続的な血糖値の計測が必要です。

フサムさんが、こうして笑顔で生活できているのは、適切な治療のお陰。フサムさんが受けているMSFの治療とはーー。 

関連情報