50万人が飲み水得られず コンゴ、火山の噴火で援助拡大が急務

2021年06月07日掲載

火山の噴火により避難してきた人びとが、MSFの給水所に集まる © Moses Sawasawa火山の噴火により避難してきた人びとが、MSFの給水所に集まる © Moses Sawasawa

アフリカで最も危険な火山の一つと言われる、コンゴ民主共和国(以下、「コンゴ」)のニーラゴンゴ山が5月22日に噴火した。国連人道問題調整事務所によると、5月31日までに31人の死亡が確認されている。

火山のふもとの北キブ州ゴマからはすでに約40万人が周辺地域へ避難。貯水池や水道管の損壊により50万人余りが飲み水を確保できずにいる。いま現地で求められる支援は何か。被災地から伝える。 

避難生活にコレラの脅威が迫る

「マットレスなどを抱え、ゴマから徒歩や車で避難する人の流れが絶え間なく続いていました。彼らが目指したのは、25キロほど西のサケやルチュル、ミノバといった場所です」。そう話すのは、国境なき医師団(MSF)のコンゴにおける現地活動責任者を務めるマガリ・ルドーだ。国境を越え、隣国のルワンダに脱出した人もいるという。

噴火で被災したゴマから避難する人びと © Yves Ndjadi/MSF噴火で被災したゴマから避難する人びと © Yves Ndjadi/MSF

MSFは現在、サケに逃れてきた人びとに援助を提供している。サケでは10万人から18万人が教会や学校、モスク、路上などに身を寄せ、あらゆる支援を求めている。
 
「食料やトイレ、仮設住居、毛布、貯水容器……。生きるためにいますぐに必要なものがまだ不足しています。MSFのみならず、さらなる人道援助団体の協力が必要です」とルドーは訴える。
 
いま懸念されるのが、汚染された水や食べ物から感染が広がる、コレラのリスクだ。MSFはコレラ対策に力を入れ、疫学調査を行うとともに、飲み水の貯蔵容量を12万5000リットルまで増やして供給している。水は日々の消費量に合わせて、トラックで補充していく。
 
医療援助においては、MSFはサケで緊急援助の初日だけで202件の診療を実施。避難所に滞在している3人が、コレラの疑いで専門治療センターに搬送された。3人とも検査は陰性だったが、避難生活を送る人びとにコレラの脅威が迫っていることを示している。

清潔な水はコレラの予防に不可欠だ © Moses Sawasawa清潔な水はコレラの予防に不可欠だ © Moses Sawasawa

北キブ州全域で医療援助を展開

MSFは噴火で被災したゴマで人びとの衛生環境を守るため、避難者用のトイレ設置にも取り組んでいる。また、北キブ州立病院の状況を改善するため、マットレス100枚を寄贈。さらに、溶岩流から6キロほど離れた場所に救急施設を新たに設置した。

約2万5000人が身を寄せる北キブ州中部のルチュルでは、地元病院と2つの診療所を支援。救急症例の大半は避難時に発生した交通事故に関連するものだが、火山性ガス中毒の症例もあり、頭痛・目の痛み・呼吸障害などの症状を訴える人もいる。

北キブ、南キブ、マニエマの3州では、各州の保健省と連携し、MSFが支援中の12のプロジェクトで患者が受ける影響を最小限に留められるよう動いている。4つの保健地区で活動しているイトゥリ州でも、ゴマ空港の閉鎖により、医療機器や医薬品、人員の輸送に影響を受けるのが必至だ。

MSFは、噴火から逃れた人びとへの緊急援助を提供するとともに、既存の医療援助を継続できるよう、輸送経路の見直しをはじめとした検討を重ねていく。 

緊急で必要とされる医療物資を診療所に提供 © Moses Sawasawa緊急で必要とされる医療物資を診療所に提供 © Moses Sawasawa

関連情報