誘拐、強奪、拷問も 犯罪組織に狙われる移民 必要な医療が受けられず

2019年06月24日掲載

メキシコ南部、テノシケの町近くで休憩する移民の青年たち © Juan Carlos Tomasiメキシコ南部、テノシケの町近くで休憩する移民の青年たち © Juan Carlos Tomasi

「世界で最も危険」と言われる中米北部三角地帯。エルサルバドルホンジュラスグアテマラから、毎年50万人が国境を越えてメキシコへ移動している。誘拐や性暴力、拷問などの恐れがある危険な旅。それでも人びとは、自国での暴力や貧困を逃れるために北へ進む。国境なき医師団(MSF)はメキシコで、移動を続ける人びとに医療を提供している。6月半ば、メキシコの南側国境付近で移民の取り締まりと一斉拘束が増加し、MSFの活動中にも人びとが拘束された。 

取り締まりを恐れて医療施設に来ない

テノシケの駅からのびる線路 多くの移民は北をめざす © Juan Carlos Tomasiテノシケの駅からのびる線路 多くの移民は北をめざす © Juan Carlos Tomasi

MSFはコアツァコアルコスとテノシケという2つの町で移民の集団拘束を何度も目撃した。 コアツァコアルコスでは、MSFが移民に医療と心理ケアを提供し、衛生キットを配布している最中に取り締まりが行われた。こうした事態を受け、移民は、警察当局に拘束される恐れがある場所を避けて行動するようになっている。基礎医療施設はその1つだ。

「移民や庇護希望者は犯罪者のように扱われ、隠れて移動しなければなりません」MSF活動責任者のセルヒオ・マルティンは指摘する。「このところ受診する人が減っているのは、本当なら医療の助けが要るはずの人たちが医療を受けていないからです」 

メキシコ南部、グアテマラとの国境 © Juan Carlos Tomasiメキシコ南部、グアテマラとの国境 © Juan Carlos Tomasi

コアツァコアルコスとテノシケでの取り締まりは、米国による移民政策の強化と、特にメキシコの南側国境からの移民の阻止に向けた取り決めが発表されるなかで執行された。マルティン責任者は話す。「人びとは今、少人数で人目に触れないよう移動を続けています。そうなると危険な道を行かざるを得ず、犯罪組織につけ狙われ、今こそ必要な保護施設や基礎医療施設に行けません。密航業者が以前にも増して移民の頼みの綱になっており、抑圧的な移民政策で、密航業者が最大の恩恵を受けるのです」 

犯罪組織の餌食に

メキシコ北部、ヌエボ・ラレドのシェルターに身を寄せる女性 © Juan Carlos Tomasiメキシコ北部、ヌエボ・ラレドのシェルターに身を寄せる女性 © Juan Carlos Tomasi

一方、メキシコの北側の国境付近では、メヒカリ、ティフアナ、ヌエボ・ラレド、レイノサ、マタモロスなどの町に大勢の移民と庇護希望者が身を寄せている。彼らはさらに北上する機会をうかがっており、犯罪組織に搾取される恐れもある。米国政府の新たな規制によって、米国での難民申請を希望する者はメキシコ国内で面接を待たなければならない。MSFは現在、メキシコ北部でも多くの患者に対応している。患者は、キューバ、コンゴ民主共和国、アンゴラ、カメルーンなどから来た人びとだ。

マルティン責任者は、「こうした危険な町で、移民はすぐに餌食にされてしまいます。移民へのゆすりたかりで収入を得る犯罪組織に脅かされているのです」と語る。

メキシコ北部のMSFチームは、犯罪組織による襲撃や拉致で身体と心に傷を負った移民に対応している。犯罪組織の目的は、移民の解放と引き換えに米国や出身国の親類から身代金を手に入れることだ。 

移民のためのシェルターで1日の活動を終え帰路につくMSFスタッフ © Juan Carlos Tomasi移民のためのシェルターで1日の活動を終え帰路につくMSFスタッフ © Juan Carlos Tomasi

MSFはここ何年も、エルサルバドル、ホンジュラス、グアテマラからメキシコに避難した移民への威圧的な政策が深刻な影響をもたらしていることを、繰り返し批判している。この3つの国で人びとは貧困と暴力に苦しみ、逃れて来たメキシコでそれ以上の暴力にさらされているのだ。

マルティン責任者は言う。「メキシコ政府の抑圧的な国境政策は、いっそう多くの子ども、女性、そして家族の苦しみを助長し、人道的とはとても言えません。移民や庇護希望者の傷に、塩を塗っているのです」 

MSFは2012年から現在まで、ホンジュラス、グアテマラ、エルサルバドルなどからメキシコへ来た移民らに、メキシコ国内の経由地で医療・心理ケアを提供している。活動地は、バハ・カリフォルニア、タバスコ、ベラクルス、タマウリパス、オアハカ、チアパス、ヒダルゴ、メヒコ、サン・ルイス・ポトシ、ハリスコ、メキシコ・シティの11州に及ぶ。 

関連情報