シリア・アラブ共和国

基本情報

面積 18万5000㎢
(日本の約半分:日本外務省統計)
人口* 1850万人
首都 ダマスカス
平均寿命* 69歳

概況

2011年3月の反政府デモに端を発した対立が内戦へと激化。医療機関が標的になるなど人びとが必要な医療を受けられない事態が続いている。2015年はMSFの支援を受けるシリア人医療スタッフ23人が殺害され、58人が負傷。さらに、MSF支援先病院・診療所63軒が、合計94回の砲爆撃を受け、うち12軒は全壊している。内戦は第2次世界大戦以降で最大規模の避難行動を引き起こし、周辺のレバノンイラクヨルダンなどのほか、陸路・海路で欧州を目指す人が後を絶たず、国際問題となっている。国境なき医師団(MSF)の再三の要請にもかかわらずシリア政府は統治下での医療・人道援助活動を認めていない。しかし、深刻な医療不足への対応が必要と判断し、2015年は医療施設6軒を運営。70軒を定期支援し、80軒には物資の寄贈など臨時支援を行った。

  • 国連経済社会局人口部 「世界人口推計2015年改訂版」

最新の活動ニュース

一覧を見る