ギニア共和国

基本情報

面積 24万5857㎢
(本州とほぼ同じ:日本外務省統計)
人口* 1022万人
首都 コナクリ
平均寿命* 55歳

概況

政府のHIV/エイズ対策が資金難などの理由で遅れている。国境なき医師団(MSF)は、小児患者の治療や母子感染の予防を中心に、対策を支援している。一方、マラリア対策も大きな課題となっている。発症率は年間を通して高く、4〜11月にはピークを迎える。MSFは感染抑制と治療のためのプログラムを運営している。このほか、産前ケアや妊婦健診など母子保健・産科医療分野でも援助を行っている。2014年、西アフリカで初のエボラ出血熱が流行。MSFは同3月に緊急対応を開始したが、感染はMSFの対応能力を上回る速さで周辺国へと急拡大した。

  • 国連経済社会局人口部 「世界人口推計2010年改訂版」

最新の活動ニュース

一覧を見る