プレスルーム

国境なき医師団は、医療・人道援助団体であるとともに、援助活動の現場で目にした、人権侵害や紛争・災害の状況などを国際社会に伝える「証言活動」も主な使命としています。世界約70ヵ国・地域にわたる活動地からの豊富な情報とともに、報道機関からの以下の様なご要望にお応えしています。

インタビュー
現地や指揮拠点で活動するスタッフとの個別取材をアレンジします
フィールドアクセス
活動地での現地取材をお手伝いします
アドボカシー
必須医薬品の入手を阻む障壁を取り除くための活動などをご紹介します
マルチメディア・コンテンツ
活動地の写真や映像などの素材をご提供します

お問い合わせ

広報担当
E-Mail
press@tokyo.msf.org
電話
03-5286-6141・6153
携帯
090-5759-1983
FAX
03-5286-6124

最新プレスリリース

一覧を見る

国境なき医師団とは

紛争や災害、貧困などによって命の危機に直面している人びとに医療を届ける非営利で国際的な民間の医療・人道援助団体です。「独立・中立・公平」を原則とし、人種や政治、宗教にかかわらず援助を提供しています。1971年にフランスで設立され、現在は約70の国と地域で援助活動を行っています。

必須医薬品キャンペーンとは

ACCESS CAMPAIGN

国境なき医師団が活動する途上国において適切かつ有効な医薬品、検査機器、ワクチンを広く利用できるようにすること、また、より優れた治療法の開発を促進することを目的とした取り組みです。医師・薬剤師・科学者・弁護士・政策の専門家など多方面の有識者とともに1999年より活動しています。

詳しくはこちら

写真・映像の提供

出版物・放送向けに、国境なき医師団の活動現地で撮影された映像・写真の提供が可能です。下記は一例ですので、詳細はお問い合わせください。

最新フォトギャラリー

一覧を見る

最新映像素材

一覧を見る

海外派遣スタッフの声

一覧を見る

国境なき医師団では、医師、看護師をはじめとする海外派遣スタッフと現地スタッフの合計約3万8000人が、世界約60ヵ国・地域で活動しています。日本からは計99人のスタッフが、のべ148回、31の国・地域に派遣され、援助活動を行っています(2015年実績)。スタッフへのインタビュー・取材・寄稿に関しては広報までお気軽にお問い合わせください。

メディア掲載事例

日本における国境なき医師団の主なメディア掲載事例。

2017年

2017年1月26日 東京新聞<しみん発> 国際支援の立場から 国境なき医師団 アサニ美里さん
2017年1月26日 毎日新聞 出会い大事に自分を磨いて 医師でボクサー・池田さん、柴田農林高で講演/宮城
2017年1月20日 週刊朝日 2017年を元気にする100人(MSF日本会長加藤寛幸)
2017年1月20日 COURRiER Japon 「コッキョウなキイシダン」は「屈強なキリシタン」!?SNSによって広がる「決してあきらめない人」の輪|国境なき医師団「国境がないって、ホント?」
2017年1月18日 新聞、テレビ、オンライン各メディア ナイジェリアの避難民キャンプが誤爆され被害者が出たニュース
2017年1月14日 J-CAST 国境なき医師団がマネキンチャレンジ 爆撃で医療行為が止まる現実を表現
2017年1月13日 ハフィントンポスト ヨーロッパを襲う寒波で、難民が危機的状況に 死者65人
2017年1月6日 中日新聞 シリア難民に救いの手を キャンプで活動、助産師が語る
2017年1月5日 朝日新聞 後発薬の流通 妨げるな(MSF日本事務局長ジェレミィ・ボダンによる寄稿)