外科治療

基本情報

紛争地自然災害の被災地では、短期間で大勢の患者を治療する緊急対応が求められる。テロの被害を受けた数十人が一度に運ばれて来ることもある。国境なき医師団(MSF)の外科医・整形外科医・麻酔科医は、時に昼夜を問わず手術を続ける場合もある。

爆弾や家庭内での爆発事故で重度のやけどを負ったり、手足の機能が失われたりした人に対しては、皮膚移植などの再建手術や理学療法士によるリハビリも提供している。

また、アフリカを中心に産科フィスチュラの修復手術にも力を入れている。

最新の活動ニュース

一覧を見る