コレラ

基本情報

どんな病気?

コレラ菌を原因とする水媒介性の急性消化器感染症。軽い症状で済むケースが多いが、極めて重症になる恐れもある。激しい水様性下痢と嘔吐(おうと)の結果、重度の脱水症状に陥り、死に至る場合もある。感染が急速に広がり突発的に大規模な集団発生がみられることもある。

流行地域

世界各地。衛生環境が整っておらず、安全な水の供給が行われていない人口密集地域で発生しやすい。

感染経路

保菌者の便などで汚染された水や食物の摂取によって感染が広がる。

治療

経口または静脈からの補水療法により、水分と塩分を補給する。集団発生が疑われる場合、感染拡大を防ぐため、患者をすぐに専用のコレラ治療センター(CTC)に隔離する。

予防

感染予防には、厳密な衛生対策や安全な水の供給が求められる。

最新の活動ニュース

一覧を見る