タジキスタン共和国

基本情報

面積 約14万3100㎢
(日本の4割:CIS統計委員会)
人口* 848万人
首都 ドゥシャンベ
平均寿命* 69歳

概況

他の旧ソ連圏と同様、結核の流行が課題となっている。国境なき医師団(MSF)は2012年、多剤耐性結核(MDR-TB)の小児向け治療の提供を開始。小児患者だけでなくその家族も対象とし、検査や予防を提供している。また、治療は長期にわたることから、心理・社会面のケアも重視。子どもたちが完治後に復学できるようにバックアップしている。2015年には、半世紀ぶりに登場した結核治療の新薬「ベダキリン」を導入した。

  • 国連経済社会局人口部 「世界人口推計2015年改訂版」

最新の活動ニュース

一覧を見る