海外派遣スタッフ説明会・イベント情報

国境なき医師団(MSF)の海外派遣にまつわるさまざまな情報をご提供するため、全国各地で募集説明会やワークショップを実施しています。

海外派遣スタッフとリクルーターの話が聞ける説明会

全国各地で海外派遣スタッフ募集説明会を開催しています。日本事務局のリクルーターと海外派遣スタッフが出席し、MSFの活動や採用基準、応募方法などについてお話しします。個別のご相談・ご質問にもお答えします。ぜひ、お近くの説明会にご参加ください。

東京

職業別交流会~ロジスティシャン~




会場
国境なき医師団日本事務局 3階
参加費
無料
定員
15人
目的
職業別交流会は、少人数のアットホームな雰囲気で、職業ごとにMSFの活動について情報交換をする会です。今回はロジスティシャンの交流会です。※次回は4月に薬剤師交流会を予定。
対象
MSF海外派遣スタッフへの応募条件を満たしている、またはそれに近い経歴や経験をお持ちの方で、近い将来応募を考えている人。
内容
MSFの事はすでに良く知っているが、もう少し現場の声を生で聞きたい、1歩を踏み出すまでのアドバイスが欲しい方を対象に、派遣経験者と日本事務局のリクルーターがお話を聞きアドバイスを致します。

※申し込み多数の場合、ロジスティシャンとしての応募条件に満たされている方を優先します。


受付を終了いたしました。
多数の申し込みをありがとうございました!



名古屋

海外派遣スタッフ募集説明会



世界各地で人道・医療援助をしている国境なき医師団(MSF)。その活動には、医療者だけでなく、人事や財務、調達などの分野で活動を支える非医療者が関わっています。MSF日本は、途上国での援助活動に参加を考えている方に向けた「海外派遣スタッフ募集説明会」を3年ぶりに名古屋で開催します。医療、非医療問わず、どなたでも参加可能です!
「途上国での援助って、実際にどんな活動をしている?」 「自分もMSFで働ける?」 「現場の生活はどんな感じ?」 この説明会では、MSFの活動やフィールドの生活について、わかりやすく説明します。


まずはMSFの活動について知りたい、経験者と話してみたい、という方は、ぜひお申し込みください。

会場
名古屋YWCA 多目的ホール「ビッグスペース」
参加費
無料
定員
100人
対象
MSF海外派遣スタッフへの応募に関心がある方
内容
  • MSF団体概要と応募方法について
  • MSFの活動を経験した海外派遣スタッフによるフィールド体験談
  • 質疑応答 など
登壇者

空野 すみれ(産婦人科医)

2013年神戸大学医学部卒業。卒業後飯塚病院で初期研修・後期研修を行い、2016年より大塚病院に勤務。2018年よりMSFの医療援助活動に参加。これまでに南スーダン、ナイジェリアで活動。

空野 すみれ(産婦人科医)

吉田 由希子(ロジスティシャン)

2001年神戸親和女子大学卒業後、サービス業に従事。2010年より人道支援活動に参加。ザンビア、インド、東日本大震災での活動を経て、2012年よりMSFの活動に参加。これまでにイラク、ヨルダン、南スーダン、シエラレオネなどで活動。

吉田 由希子(ロジスティシャン)



東京

MSF・国立病院機構 災害医療センター共催「第二回合同説明会」(医療者向け)



多摩西部を医療拠点に、広域災害時にも即応可能な高度急性期病院を運営する災害医療センターと、さまざまな途上国の現場で医療援助活動を行うMSFが説明会を共催。高い医療スキルと経験を持つ医療従事者が、国際的な現場でその技術を生かして活躍できる現場をご紹介します。それぞれの現場に関する概要のご説明と、同センターに勤務する医師および現地で共に活動した手術室看護師による、MSFのフィールド体験をお話しします。


質疑応答の時間には、実際に災害医療センターで働く医師やMSFの活動経験者と直接お話しいただき、気になる疑問を直接ご質問いただけます。

会場
国立病院機構災害医療センター
参加費
無料
定員
100人
対象
MSF海外派遣スタッフへの応募に関心がある医療者
※非医療者の方もご参加いただけますが、内容は医療者向けであることをご了承ください。
内容
  • MSF団体概要と応募方法について
  • MSFの活動を経験した医師などによるフィールド体験談
  • 災害医療センターの概要説明
  • 質疑応答 など
登壇者

関 聡志(外科医・救急医)

2009年、福島県立医科大学医学部卒業。卒業後、国立病院機構災害医療センターで初期研修を行い、2011年に東京医科歯科大学医学部付属病院救命救急センターに勤務。2012年より太田西ノ内病院(福島県郡山市)外科に勤務し、同病院にて整形外科、産婦人科の研修も行う。2016年よりMSFの医療援助活動に参加。これまでに南スーダン、イエメン、シリアで活動。2017年から国立病院機構災害医療センター救命救急センターに勤務。

関 聡志(外科医・救急医)

白川 優子(手術室看護師)

7歳の時にテレビで観たMSFに感銘を受ける。高校卒業後、4年制(当時)の坂戸鶴ヶ島医師会立看護専門学校に入学。卒業後は埼玉県内の病院で外科、手術室、産婦人科を中心に約7年間看護師として勤務。2003年にオーストラリアに渡り、2006年にオーストラリアン・カソリック大学看護学部を卒業。その後約4年間、メルボルンの医療機関で外科や手術室を中心に看護師として勤務。2010年、MSFに参加。これまでに17回派遣。

白川 優子(手術室看護師))



東京

職業別交流会~薬剤師~



会場
国境なき医師団日本事務局 3階
参加費
無料
定員
15人
目的
職業別交流会は、少人数のアットホームな雰囲気で、職業ごとにMSFの活動について情報交換をする会です。今回は薬剤師の交流会です。
対象
MSF海外派遣スタッフへの応募条件を満たしている、またはそれに近い経歴や経験をお持ちの方で、近い将来応募を考えている人。
内容
MSFの事はすでに良く知っているが、もう少し現場の声を生で聞きたい、1歩を踏み出すまでのアドバイスが欲しい方を対象に、派遣経験者と日本事務局のリクルーターがお話を聞きアドバイスを致します。

※申し込み多数の場合、MSFの薬剤師としての応募条件に満たされている方を優先します。




福岡

海外派遣活動報告会・募集説明会



世界各地で人道・医療援助をしている国境なき医師団(MSF)。その活動には、医療者だけでなく、人事や財務、調達などの分野で活動を支える非医療者が関わっています。MSF日本は、途上国での援助活動に参加を考えている方に向けた海外派遣活動報告会・募集説明会を3年ぶりに福岡で開催します。医療、非医療問わず、どなたでも参加可能です!
「途上国での援助って、実際にどんな活動をしている?」 「自分もMSFで働ける?」 「現場の生活はどんな感じ?」 この説明会では、MSFの活動やフィールドの生活について、わかりやすく説明します。


まずはMSFの活動について知りたい、経験者と話してみたい、という方は、ぜひお申し込みください。

会場
アクロス福岡 セミナー室2
参加費
無料
定員
60人
対象
MSF海外派遣スタッフへの応募に関心がある方
内容
  • MSFの活動を経験した医療者および非医療者によるフィールド体験談
  • MSF団体概要と応募方法について
  • 質疑応答 など
登壇者

白根 麻衣子(アドミニストレーター)

2009年に大学を卒業後、日系銀行に勤務。その後、イギリス大学院にて教育マネジメントを学ぶ。インターナショナルスクールで勤務の後、2016年よりMSF日本事務局で総務を担当。2017年にMSFの海外派遣に参加し、今までにウクライナとパレスチナで活動。東京都出身。

白根 麻衣子(アドミニストレーター)

長嶺 あかり(薬剤師)

2015年千葉大学薬学部卒業。卒業後、沖縄県にある豊見城中央病院で病院薬剤師として3年間勤務。2018年にMSFの医療援助活動に初めて参加し、3月〜9月南スーダンで活動。現在は総合病院門前の調剤薬局に勤務。沖縄県出身。

長嶺 あかり(薬剤師)


長崎

海外派遣スタッフ募集説明会



途上国のさまざまな現場で医療援助活動を展開するMSF。毎年、日本からも多くの医療者が派遣されています。MSF日本は、活動への参加にご関心をお持ちの医療者を対象にした説明会を長崎で開催します。
「参加に向けてどのような準備が必要?」「途上国での医療援助って、実際にどんなことをしている?」「自分もMSFで働ける?」「現場の生活はどんな感じ?」まずはMSFの活動について知りたい、経験者と話してみたい、という方は、ぜひお申し込みください。


まずはMSFの活動について知りたい、経験者と話してみたい、という方は、ぜひお申し込みください。

会場
長崎大学グローバルヘルス総合研究棟 1F大セミナー室
参加費
無料
定員
60人
対象
MSF海外派遣スタッフへの応募に関心がある医療者の方
内容
  • MSFの活動を経験した医療者によるフィールド体験談
  • MSF団体概要と応募方法について
  • 質疑応答 など
登壇者

西野 恭平(総合診療医・救急医)

2004年信州大学医学部卒業。2004年より国際医療研究センター(旧:国際医療センター)で小児科専攻として初期・後期研修を行う。その後、NGOに所属し、2007~2008年アフガニスタン、2009年ミャンマーで医療活動に従事。2010年から帝京大学医学部付属病院救急部所属。2014年、ロンドン大学衛生熱帯医大学院にて途上国公衆衛生学修士号を取得。2015年からWHO本部にてテクニカルオフィサーとしてアルボウイルスコントロールチームに所属、アウトブレイク対応や関連ガイドライン作成等を担当。2018年よりMSFに参加、南スーダンでは医師として、バングラデシュでは疫学専門家として活動。東京都出身。

西野 恭平(総合診療医・救急医)




大阪

海外派遣スタッフ募集説明会(医療者向け)




会場
ドーンセンター (大阪府立男女共同参画・青少年センター)
参加費
無料
定員
100人
対象
MSF海外派遣スタッフへの応募に関心がある医療者
内容
  • MSF団体概要と応募方法について
  • MSFの活動を経験した医師などによるフィールド体験談
  • 質疑応答 など
登壇者

大田 修平(外科医)

2005年、京都府立医科大学卒業。2011年長崎大学熱帯医学研究所 熱帯医学研修コース、2016年マヒドン大学 DTMH取得。湘南鎌倉総合病院、茅ヶ崎徳州会病院、福岡和白病院で勤務の後、2012年にNPOジャパンハートからミャンマーに派遣。2014年にMSFに参加し、パキスタン、イラクで活動。2016-2017年 奄美大島の名瀬徳洲会病院。2017年11月から八尾徳洲会総合病院。

大田 修平(外科医)

土井 直恵(手術室看護師)

2008年、兵庫県立大学看護学部卒業。大阪府内の総合病院での手術室勤務をへて、2012年よりMSFの活動に参加。パレスチナ・ガザ地区、イラク、南スーダン、アフガニスタン、カメルーンなど今までに9回派遣された。

土井 直恵(手術室看護師)


東京

職業別交流会~産婦人科医師




会場
国境なき医師団日本事務局 3階
参加費
無料
定員
15人
目的
職業別交流会は、少人数のアットホームな雰囲気で、職業ごとにMSFの活動について情報交換をする会です。今回は産婦人科医の交流会です。
対象
MSF海外派遣スタッフへの応募条件を満たしている、またはそれに近い経歴や経験をお持ちの方で、近い将来応募を考えている産婦人科医師。
内容
MSFの事はすでに良く知っているが、もう少し現場の声を生で聞きたい、1歩を踏み出すまでのアドバイスが欲しい方を対象に、派遣経験者と日本事務局のリクルーターがお話を聞きアドバイスを致します。

※申し込み多数の場合、MSFの産婦人科医師としての応募条件に満たされている方を優先します。

MSFの医療技術をじかに見て学べるワークショップ/セミナー

MSFの現場で求められる知識やスキルを、実際にMSFで活動する医師たちとワークショップ形式で学習します。海外での医療活動に参加する上で多くの皆さんが懸念されるキャリア形成、語学とコミュニケーションの壁などについて、経験者がどのように乗り越えたかを語るパネル・ディスカッションもあります。

現在ワークショップ/セミナー情報はありません


過去の講義はこちらから

過去に開催したセミナーの模様は動画でご覧いただけます。

熱帯医学ワークショップ
外科・産婦人科・麻酔科セミナー

MSFでのキャリアを考えるきっかけにイベント

転職フェアや各種キャリアセミナー、各医学学会などに不定期でブースを出展します。お近くのイベントに、ぜひお立ち寄りください。

名古屋

第71回日本産科婦人科学会学術講演会



今年も、日本産科婦人科学会学術講演会でブース出展します!MSFの採用担当者と海外派遣を経験した産婦人科医が、来場者の方の質問に直接お答えします。ぜひお立ち寄りください。個別に面談(30分程度)をご希望の方は、事前にご予約をお受けいたします。ご希望の日時を3つ挙げていただき、recruit@tokyo.msf.org までメールでお送りください。

会場:名古屋国際会議場 2号館2F C


詳細は主催者ホームページをご覧下さい。


職種別セミナーをウェブ配信中動画説明会

過去に開催されたウェブ説明会の映像をYouTube上で公開しています。ご興味のある職種やテーマの説明会をぜひご覧ください

海外派遣スタッフへ
応募される方はこちらから

応募方法ページ

海外派遣スタッフ説明会情報を
ご希望の方はこちら

メールアドレス登録フォームへ