年次活動報告書

1年間の活動をまとめた報告書を閲覧・ダウンロードできます。

国境なき医師団日本 活動報告書

全世界での活動の概要とともに、国境なき医師団(MSF)日本のスタッフ派遣実績や寄付収入、財務報告などをご紹介しています。現地からの声も掲載。

活動報告書 2021年度版

2021年、MSF日本の総収入は119.3億円でした。また、支出119.2億円のうち94.9億円をソーシャル・ミッション(人道援助活動)に充てました。MSF日本の財務の概況は10~15ページに、MSF日本からの支援金の配分先については11ページに掲載しています。また、この年、MSF日本からは、90人(延べ106回)のスタッフの、31の国と地域への派遣が決まりました。6~7ページにその一覧表を掲載しています。

2021年度版 活動報告書を見る新規ウィンドウで開く

訂正

『活動報告書 2021年度版』のP11 付表2に以下の誤りがありました。訂正してお詫び申し上げます。

誤: 2021年、MSF日本は使途指定寄付として、下記の2.8億円を受け付けました。

新型コロナウイルス感染症危機対応募金
184.7
「緊急チーム」募金
94.1
総計
278.8
(単位:百万円)

正: 人道援助プログラム支援金88.6億円のうち、使途指定寄付2.8億円の配分先は以下のとおりです。

新型コロナウイルス感染症危機対応募金
184.6
「緊急チーム」募金
94.6
総計
279.2
(単位:百万円)

「配分された国と地域」には変更はありません。

過去の活動報告書

国境なき医師団 国際版活動報告書

MSFの世界各地の活動を網羅した報告書。活動・財務実績データのほか、国ごとの年間活動概要や、その年の重大トピックを総括するレポートも掲載しています。

International Activity Report(英文)

2020年は、新型コロナウイルス感染症の大流行とその影響により、多くの人びとが恐怖や孤立を経験しました。医療体制が整わない国や地域ではより複雑な対応が求められ、またMSFがこれまで活動してこなかった国でも、紛争や難民・国内避難民、貧困などにより深刻な医療問題が発生しました。パンデミックの影響により停止せざるを得ない活動もある中、多くの国・地域で、必要な手術や母子保健、予防接種や感染症対応、非感染性疾患など、人びとが必要とする治療を続けました。

International Activity Report 2020新規ウィンドウで開く

過去の国際版活動報告書