イベント情報

「エンドレスジャーニー展・仙台 ~終わらせたい、強いられた旅路~」 世界の難民・移民の現状を伝える企画展

8月12日(月祝)~17日(土) 仙台・せんだいメディアテーク(入場無料)

地中海での救助活動 © Maud Veith/SOS Méditerranée
地中海での救助活動 © Maud Veith/SOS Méditerranée

紛争や迫害、暴力や貧困によって住まいを追われ、世界各地で難民や国内避難民となった人は、過去最多の1億2000万人*に達しました。これは日本の総人口に匹敵します。

この企画展では、移動を強いられている人びとの現状を、中東、アフリカ、アジア、中米、地中海で起こっている人道危機を通して紹介。さらに、パレスチナ・ガザ地区の現状を伝える写真や、日本国内の震災での国境なき医師団(MSF)の活動も展示します。

終わりの見えない命がけの旅路「エンドレスジャーニー(Endless journey)」を終わらせる、「エンドディスジャーニー(End this journey)」に。思考・体験型の企画展示で、いま私たちにできることをぜひ一緒に考えてみませんか。

知る、見る、感じる── エンドレスジャーニー展の見どころ

迫力の展示で世界を知る

シリア、アフリカのチャド湖周辺、ロヒンギャ、中米、地中海の難民・移民に焦点を当てた大型展示で、現地の状況を知ろう

テント式手術室を体験

自然災害や紛争地など、病院のない場所で使うテント式の手術室に入ってみよう

過酷な道を行く車両

現場で救急車としても活躍する四輪駆動車を展示。過酷な道を走るためにどんなつくりになっているか見てみよう

難民キャンプのトイレを体験

難民キャンプでMSFが設置する簡易トイレを再現。中に入ってさまざまな工夫を見つけよう

地中海救助船で描かれた絵

戦火を逃れた恐ろしい体験や、平和だった頃の日常を描いた絵。絵に込められた人びとの想いを想像してみよう

 

音と空間が伝える現実

難民・移民の人びとが不当に押し込められるリビアの収容センターを、現場の音声とともに体感するコーナーも

谷川俊太郎さんの作品

詩人の谷川俊太郎さんが国境なき医師団に寄せた詩作品を展示。あなたは何を感じるでしょうか

スタッフによる解説ツアー

MSのスタッフが展示を解説します。ぜひご参加ください!(お申し込み不要/参加無料)
・8/12(月祝)~16(金)15:30~16:00
・8/17(土)15:00~15:30

オリジナルスタンプラリー

会場内でアイテムを見つけて、”ドクターしんぞー”スタンプを集めよう!スタンプを4つ集めてオリジナルシールをGET!
 

『エンドレスジャーニー展・仙台 ~終わらせたい、強いられた旅路~』

主催:特定非営利活動法人 国境なき医師団日本
後援:宮城県教育委員会、仙台市教育委員会
特別協力:谷川俊太郎氏

会期 2024年8月12日(月祝)~17日(土)10:00~18:00
※最終日8月17日(土)のみ16:00終了
会場 せんだいメディアテーク 1Fオープンスクエア
宮城県仙台市青葉区春日町2-1
■地下鉄
・南北線「勾当台公園駅」徒歩約6分
・東西線「大町西公園駅」徒歩約13分/「青葉通一番町駅」徒歩約15分

■バス
仙台市営バス「仙台駅前-60番」のりばから「定禅寺通市役所前経由交通局大学病院」行きで約10分、「メディアテーク前」下車

■徒歩
仙台駅より約20分
入場料 無料
お問い合わせ event@tokyo.msf.org

【トークイベント】いとうせいこうライブトーク 「ロヒンギャ難民キャンプをたずねて」

8月12日は同イベント会場内で、作家・クリエイターのいとうせいこうさんによるライブトークを開催します。
弾圧を受けたロヒンギャの人びとが、ミャンマーからバングラデシュへ大規模な避難をしてから7年。この世界最大の難民キャンプでは、今なお100万人もの人びとが避難を余儀なくされており、国籍も法的地位もないまま、先の見えない毎日を送っています。6月にロヒンギャ難民キャンプを訪れたいとうさんが取材した、人びとの暮らしや現地で切迫している医療ニーズ、伝えたい想いについて話します。

【日時】 8月12日(月祝)13:30~15:00
【会場】
せんだいメディアテーク 1Fオープンスクエア(着席は先着40席) ※立ち見でもご観覧いただけます
【参加費】 無料
【登壇者】いとうせいこう(作家・クリエイター)
🄫 MSF
🄫 MSF

【トークイベント】 自然災害と緊急援助——被災地で必要な心のケア

被災地ではけがや病気の治療だけでなく、心のケアも重要です。MSFは能登半島地震の被害を受けた石川県輪島市で、被災され避難所に避難している方のみならず、休みなく被災者の支援に当たる自治体職員の方々への心理面のサポートも行ってきました。
このトークイベントでは、東日本大震災10日後に現地入りし、南三陸町中心に10カ所の避難所で心理アセスメントを行った臨床心理士の西前律子と、 能登半島地震の被災地で心のケアの活動をした臨床心理士の福島正樹が現地での経験をお話しします。福島は、パレスチナやスーダンの難民キャンプ等で心理士として活動した経験も持ちます。それぞれの現場で感じたことや、今私たちにできることとは──。
質問コーナーもありますので、ぜひお気軽にご参加ください。皆さまのご参加をお待ちしています。

※都合により登壇者が一部変更となりました(7月24日)
 
【日時】 8月17日(土)13:30~15:00
【会場】
①せんだいメディアテーク 1Fオープンスクエア(着席は先着40席) ※立ち見でもご観覧いただけます
②YouTubeオンライン配信
【参加費】 無料
【登壇者】※登壇者、内容は場合により一部変更となる可能性があります
西前律子 (国境なき医師団 臨床心理士)
福島正樹 (国境なき医師団 臨床心理士)
  
  

夏休み特別編 「世界といのちの教室」in 仙台

8月16日(金)13時30分からは、会場にて小学5・6年生対象プログラム「世界といのちの教室」を、夏休み特別編として実施します。

「世界といのちの教室」は、人道問題を遠い世界の出来事ではなく自分ごととしてとらえ、行動を起こせる人材を育むことを目的とした教育プログラムです。援助活動に参加している国境なき医師団のスタッフが人道危機や人道援助について体験をまじえながらお話しします。

今回は、福島県立医科大学の学生のボランティア参加を予定しています。また、プログラムとあわせてエンドレスジャーニー展の展示ツアーも行うほか、参加証をお渡しします。世界で起きる命の危機と人道援助について学び、考える機会としてぜひご家族でご参加ください。 

東京、福岡、大阪、広島、札幌で開催。のべ8200人以上が来場!

2022年に開催した福岡展の様子
2022年に開催した福岡展の様子
小学生の保護者

SNSでこのイベントのことを知って、子どもの自由研究の参考になるかなと思って来てみました。知らないことばかりで、世界のことについて知るいい機会になりました。

10歳

いままでしらなかった、たいへんなできごとがおこっていてびっくりしました。いまの日本ではありえないたいへんなできごとが、このせかいでいまおこっていることをしりました。たいへんたのしくていろいろなちしきをしりました。
せかいでこまっている人をたすけて、こまっている人をすくなくしたいです。

20代学生

いろいろな展示を拝見できて、世界の現状やMSFの活動を知ることができてよかったです。将来看護師になり、MSFの一員として活動できるように頑張ります。

会社員男性

最近子どもが生まれたので、「母子保健」コーナーで読んだお産の環境に驚愕した。

よくある質問

Q展示会場、トークイベントは有料ですか?

展示、トークイベントいずれも無料でご覧いただけます

Qエンドレスジャーニー展は、仙台以外で開催の予定はありますか?

2024年は10月31日(木)~11月4日(月祝)の5日間、東京にて開催予定です。詳細は追ってウェブサイトでご案内いたします

2019年東京展の報告を見る新規ウィンドウで開く

2022年福岡展の報告を見る新規ウィンドウで開く

2022年大阪展の報告を見る新規ウィンドウで開く

2023年広島展・札幌展の報告を見る新規ウィンドウで開く

終わりの見えない命がけの旅路「エンドレスジャーニー(Endless journey)」を終わらせる、「エンドディスジャーニー(End this journey)」に──。
皆さまのご来場をお待ちしています。

*国連難民高等弁務官事務所 2024年5月推計
クレジット表記のない写真はすべて © MSF

最新情報をお届けします

SNSをフォローする

  • Facebook
  • Twitter
  • Line
  • Instagram
  • Youtube

メールマガジンを受け取る

メルマガに登録する