麻酔科医

限られた薬剤・医療器材・設備の下、あらゆる年齢層の患者に対し、国境なき医師団(MSF)のガイドラインに従い、外傷治療を中心としたさまざまな手術に臨機応変に対応します。そのため、現場での判断力と技術力が求められます。病棟での疼痛管理を含めた術前・術後回診や、重症患者に対する診察もします。また、麻酔業務だけでなく、現地スタッフへの指導や教育も重要な業務です。

派遣期間の目安は6週間~です。

主な業務内容

  • 外科医と連携して術前診察でリスク評価を行い、麻酔方法を決定。必要な薬と器材の準備、患者のモニタリングなど術中管理や術後管理(場合により、重症患者の術後ICU管理も含む)など全業務を遂行
  • 患者の回復室への移動や意識回復を確保し、鎮痛プロトコルを設定
  • 体液管理、酸素モニタリング、気道管理、胸部理学療法、胸部可動などに関する指導
  • 手術室・回復室での衛生ルール、手順、MSFガイドラインの実践と監督。麻酔用物資の管理
  • 医薬品や麻酔科器具の管理・発注
  • チーム管理業務(採用、研修、業績評価など)
  • 活動レポートの提出やデータ管理(患者ファイル、用紙、統計、データベースなど)

応募条件

経験・スキル

  • 必須求める人物像に記載されている資質を参照
  • 必須麻酔科専門医資格
  • 必須新人などへの指導や教育業務の経験
  • 必須英語またはフランス語で業務ができること
  • 歓迎熱帯医学の知識または臨床経験
  • 歓迎離島やへき地、途上国など人材や資材に限りがある環境での臨床経験
  • 歓迎災害医療、マスカジュアリティー・マネジメントの臨床またはトレーニング参加経験
  • 歓迎ICU、救急など麻酔科以外の臨床経験

応募書類

MSFの海外派遣への応募書類は、下記の専用フォームで受け付けています。履歴書(英語自由形式)、志望動機書(英語自由形式)、各職種の必要書類をご確認いただき、ダウンロード、ご準備のうえ、下記専用フォームにてご応募ください。

  • 書式自由の履歴書については、こちらの例PDFを参考に作成してください。

麻酔科医の仕事

医療ガイドライン

必須医薬品、臨床ガイドライン、難民の健康、結核、産科学など途上国での医療活動に必要な臨床や薬品に関する情報をウェブサイトで公開しています(英語)。PDFや電子書籍のほか、スマホアプリでも配信中です。書籍は説明会会場で閲覧できます。

外科・産婦人科・麻酔科セミナー

過去の講義はこちらから

過去に開催したセミナーの模様は動画でご覧いただけます。

海外派遣スタッフの声

海外派遣スタッフはなぜ国境なき医師団の活動に参加したのでしょうか。派遣地で経験した業務や生活はどのようなものでしょうか。国境なき医師団日本から派遣された麻酔科医の声をお届けします。

海外スタッフへ応募される方はこちらから

MSFの海外派遣への応募書類は、下記の専用フォームで受け付けています。必ず各職種の応募条件をご確認の上、応募する職種の専用の履歴書(英語自由形式)、志望動機書(英語自由形式)、各職種の必要書類をご確認いただき、ダウンロード、ご準備のうえ、下記応募専用フォームにてご応募ください。

海外派遣スタッフ説明会情報をご希望の方はこちら