世界といのちの教室 ──「救う」の一歩を、ここから始める。

国境なき医師団は、世界で起きている命の危機と私たちの医療・人道援助活動を日本の子どもたちに伝えることも、大切な取り組みであると考えています。子どもたちが持つ人を想う気持ちは、きっかけさえあれば世界にも向けられます。「世界といのちの教室」は、人道問題を遠い世界の出来事ではなく自分ごととしてとらえ、行動を起こせる人材を育むことを目的とした教育プログラムです。

学校単位での出張教室を実施していますが、対面での実施が難しいコロナ禍では、当面、オンライン教室として実施します。

対象者

小学校5・6年生

プログラム内容(90分想定)

  • 前半:「知る・学ぶ」
    世界で起きている命の危機。医療援助を必要としているのはどんな人?
    国境なき医師団はどんな活動をしているの?
  • 後半:「考える」
    国境なき医師団のお医者さんになって、
    人道援助の現場で直面するジレンマを体験してみよう。
    (ワークショップ・ディスカッション)

参加費

無料

実施方法

1. 出張教室(小学校向け)
2. オンライン教室(家庭向け)

※ 新型コロナウィルス感染拡大防止のため現在出張教室は行っていません。

今後のスケジュール

日時 実施方法 定員 募集期間
2020年10月25日(日)
午前10:00 – 12:00
オンライン教室(Zoom) 20名

応募受付終了

2020年12月6日(日)
午前10:00 – 12:00
オンライン教室(Zoom) 20名
2021年1月24日(日)
午前10:00 – 12:00
オンライン教室(Zoom) 20名 2020年12月14日(月)~12月27日(日)
2021年2月21日(日)
午前10:00 – 12:00
オンライン教室(Zoom) 20名 2021年1月25日(月)~2月7日(日)
2021年3月14日(日)
午前10:00 – 12:00
オンライン教室(Zoom) 20名 2021年2月15日(月)~2月28日(日)


お問い合わせ

国境なき医師団日本事務局

「世界といのちの教室」担当

E-mail
school@tokyo.msf.org