海外派遣スタッフの声

パレスチナで心に傷を負った人びとをケア:河野暁子

ポジション
臨床心理士
派遣国
パレスチナ
活動地域
ヘブロン
派遣期間
2007年10月~2008年7月

なぜMSFの海外派遣に参加したのですか?

それまで日本でやってきた臨床心理士としての経験が、海外でも活かせると思ったからです。

今までどのような仕事をしていたのですか? また、どのような経験が海外派遣で活かせましたか?

公立の相談室や学校で働いていました。日本での臨床経験は全て役に立っていたと感じます。日本とは違う環境で関わる対象者が変わっても、基本的には日本でやってきた臨床と変わらないと思いました。 また、海外に留学した経験は派遣中の共同生活に活かせたと思います。

今回参加した海外派遣はどのようなプログラムですか?また、具体的にどのような業務をしていたのですか?

ヘブロンでは、イスラエルーパレスチナ紛争によって、心に傷を負った人々へ心理ケアを提供していました。通訳と一緒に家庭訪問をしていました。

週末や休暇はどのように過ごしましたか?

週末は家でのんびりしたり、町へ買い物に出かけたりしました。治安の関係で行動はかなり制限されていたため、市外へ出かけることはほとんどありませんでした。休暇は必ずパレスチナやイスラエルから出なければならず、一度目の休暇でキプロスへ、二度目の休暇でギリシアへ行きました。

現地での住居環境についておしえてください。

一軒の家をMSFで借りていました。外国人スタッフは私を含めて3人で、それぞれ個室がありました。シャワーやトイレも清潔でしたし、大きなキッチンもありました。冬はかなり寒く、ヒーターを付けてもフリースを着ていました。テレビ、インターネット、DVDもあり、家でリラックスするためによく利用しました。

良かったこと・辛かったこと

河野さんは、イスラエル・パレスチナ紛争によって、心に傷
を負った人びとに心理ケアを提供した。

良かったことは、良い人たちと出会えたことです。スタッフとは楽しい時間を過ごし、たくさんのことを学ばせてもらいました。 辛かったことは、半年を過ぎてから体調を崩したことです。ですが、パレスチナとイスラエル、両方の病院で診察を受けることとなり、それはなかなかおもしろい体験でした。

派遣期間を終えて帰国後は?

しばらく休んで、また次の派遣を希望しています。

今後海外派遣を希望する方々に一言アドバイス

派遣中は辛いことも厳しいこともありますが、それらも含めて良い経験になります。語学と臨床の力をしっかりつけて、派遣に臨んでください。

MSF派遣履歴

派遣期間
2006年9月~2007年4月
派遣国・プログラム地域
パレスチナ・ナルブス
ポジション
臨床心理士

この職種の募集要項を見る