海外派遣スタッフの声

チームのダイナミズムを感じた瞬間:竹中 裕

ポジション
産婦人科医
派遣国
ナイジェリア
活動地域
ジャフン
派遣期間
2017年6月~2017年7月

国境なき医師団(MSF)の海外派遣に再び参加しようと思ったのはなぜですか?また、今回の派遣を考えたタイミングはいつですか?

今回、一緒に活動した仲間たち 今回、一緒に活動した仲間たち

MSFの活動がライフワークなので。常に参加したいと考えていましたが、仕事のことなどもあり、最後の活動(ナイジェリア)から4年ぶりとなりました。

派遣までの間、どのように過ごしましたか? どのような準備をしましたか?(技術向上やトレーニング、語学力向上、その他の準備など)

特に準備はしていません。

過去の派遣経験は、今回の活動にどのように活かせましたか? どのような経験が役に立ちましたか?

手術室の様子 手術室の様子

今回が計8回目の派遣だったことと、ナイジェリアのジャフンは以前にも2回派遣されたことのある場所だったので、仕事の内容はだいたい予想できました。今までの活動における産科救急の対処の経験が役立ちました。

今回参加した海外派遣はどのようなプロジェクトですか?また、具体的にどのような業務をしていたのですか?


産科救急プロジェクトの手術室チーム

産科救急プロジェクトです。産婦人科医として、産科救急症例の対応にあたりました。外国人派遣スタッフの産婦人科医が2人、現地の一般医が8人でした。

この8人がいろいろできる医師たちだったので、協力して業務にあたりました。手術症例については現地の医師たちに教えながら(助手をするなどして)進めていました。

外国人派遣スタッフが15~20人ほどいるわりと大きなプロジェクトです。開始からすでに8年程度の歴史があり、さまざまな症例があって比較的忙しく、救急疾患も多くて、かつ搬送先がない、臨床医として実力が試されるプロジェクトだと思います。

また、アフリカの中でも医療が行き届いていない地域ということで、産婦人科医にとっては、ここでやっていければおそらくほかでも大丈夫だろう、という登竜門的なプロジェクトになっています。

派遣先ではどんな勤務スケジュールでしたか? また、勤務外の時間はどのように過ごしましたか?

外国人派遣スタッフが2人いたことと、ナイジェリア人の産婦人科専門医が週3回、当直に来てくれていたので、日中の業務と当直を分担して進められました。勤務外はだいたい寝ていました。

現地での住居環境についておしえてください。

前回派遣された4年前にはなかったクーラーが各部屋に設置されており、とても快適でした。通信速度は遅いものの、インターネットを使うことも可能でした。食事も3食、おいしく食べることができました。

活動中、印象に残っていることを教えてください。(学んだこと、苦労したこと、新たな発見など)

初めて、死戦期帝王切開(※)を行いました。麻酔科医、現地の医師、助産師、手術室のスタッフなどとのチームのダイナミズムを感じました。歩いて退院したときは非常にうれしく思いました。

  • 心肺停止に陥った妊婦を蘇生させるための緊急帝王切開

今後の展望は?(次回の派遣を考えている方は、それまでにしたいこと、新たな挑戦など)

8月~10月は船医として勤務します。11月以降はMSFからの派遣要請を待ちます。

今後海外派遣を希望する方々に一言アドバイス

とにかく英語(あるいはフランス語)を勉強するべし。

MSF派遣履歴

派遣期間
2013年9月~2013年10月
派遣国
ナイジェリア
プログラム地域
ジャフン
ポジション
産婦人科医
派遣期間
2013年7月~2013年9月
派遣国
ソマリア
プログラム地域
ソマリランド、ブラオ
ポジション
産婦人科医
派遣期間
2012年11月~2013年2月
派遣国
シエラレオネ
プログラム地域
ボー
ポジション
産婦人科医
派遣期間
2012年7月~2012年8月
派遣国
南スーダン
プログラム地域
アウェイル
ポジション
産婦人科医
派遣期間
2012年2月~2012年4月
派遣国
パキスタン
プログラム地域
ペシャワール
ポジション
産婦人科医
派遣期間
2012年2月~2012年2月 
派遣国
スリランカ
プログラム地域
ムライティブ県
ポジション
産婦人科医
派遣期間
2011年9月~2011年11月
派遣国
パキスタン
プログラム地域
ペシャワール
ポジション
産婦人科医
派遣期間
2011年6月~2011年7月
派遣国
ナイジェリア
プログラム地域
ジャフン
ポジション
産婦人科医

この職種の募集要項を見る