海外派遣スタッフの声

子どもたちのための医療援助に従事:アサニ 美里

ポジション
医療チームリーダー
派遣国
中央アフリカ共和国
活動地域
ベルベラティ
派遣期間
2016年5月~2016年11月

国境なき医師団(MSF)の海外派遣に再び参加しようと思ったのはなぜですか?また、今回の派遣を考えたタイミングはいつですか?

今回で中央アフリカ共和国は3回目の派遣となります。中央アフリカ共和国の派遣を終え、日本に帰国し数週間が経過すると、あの独特な空気が懐かしくなり、現地に戻りたくなります。

派遣までの間、どのように過ごしましたか? どのような準備をしましたか?

とにかく休養です。体も心もくたくたになって帰ってくるので、次の派遣に(※)備えて体力回復とやる気を出すためにです

  • 2017年3月からイラクでの活動に参加

過去の派遣経験は、今回の活動にどのように活かせましたか? どのような経験が役に立ちましたか?

どんなありえない状況や信じられない状況があっても、まあこんなものかと驚かないようになることでしょうか。すべてがこうなってしまっていいのか、ちょっとこれでいいのか疑問ですが……。

今回参加した海外派遣はどのようなプロジェクトですか?また、具体的にどのような業務をしていたのですか?

今回のプロジェクトは、中央アフリカ共和国のマンベレ・カデイ州のベルベラティで、病院とヘルスセンターを支援するというプロジェクトです。病院では、小児科と栄養プログラム(一次医療、二次医療)を管理していました。

医療チームは、巨大な病院チームと、保健省と連携しているアウトリーチチーム(ヘルスセンター)と大きく2つに分かれています。その中にヘルス・プロモーションと心理ケアが入っています。その他に薬剤師と大きなロジスティシャン・チームが医療チームの支援と協力をしていました。外国人派遣スタッフは13人で現地スタッフは総勢270人程度でした。

6月から7月にはマラリアの流行がピークに達し(エンデミックな地域のため、年中マラリアは発生している)、6月から7月上旬には栄養失調のピーク、そして10月ごろからは呼吸器感染症(肺炎、気管支炎など)が出てきていました。また、マラリアが重症化し、重度の貧血になる子どもが多く、ピーク時には週に100件の輸血をしていました。

新生児集中治療室(NICU)を備えていたせいか、体重1000g前後までの早産や低体重児のケースもかなり多くありました。

また、治安が安定している地域のせいか、人の動きも多く、そのため交通事故(特にバイク)による外傷も多くありました。

派遣先ではどんな勤務スケジュールでしたか? また、勤務外の時間はどのように過ごしましたか?

平日の勤務時間は、午前8時から午後5時でしたが、医療スタッフは朝7時半から働いていたので、私もその時間から働いていました。土曜日の午前中も外国人派遣スタッフは、ほぼ全員働いていました。午後は人によってという感じでしたが、私も土曜日は気付くと、もう午後6時まで働いていたということがよくありました。

アウトリーチ活動をする際は早朝6時半に出発し、ほぼ1日かかります(最も近いところでも片道2時間かかります)。中には片道6時間かかるところもあり、その地域に出向いた際は往復で2泊3日の訪問となりました。

また、ミーティングの数も多く、週1から2回はミーティングでほぼ埋め尽くされる日がありました。月初めは報告書の作成です。

現地での住居環境についておしえてください。

電気や水の供給もありましたので、生活環境は整備されていたと思います。トイレやシャワーブースもきれいで、快適に過ごせました。ただ雨期だったせいなのか室内の湿気が多く、市場で買ったかごやいす、木製の貴重品入れなどすべてがカビてしまい、それらの家具を部屋から出しました。布製の旅行バッグもカビくさくなりましたので、本当に困りました。番犬ならず番猫がいてネズミやトカゲ退治をしてくれていました。

活動中、印象に残っていることを教えてください。

日本でもNICUは難しいのに、このアフリカで保育器なしで800g~1000gの子供をケアできている現状に非常に驚きました。ましてや医師や看護師など資格保持者が非常に少なく、医療水準も低いと言われている国で、ここまで医療ケアが実施出来るようになりました。ただこれまでのMSFの支援があっての結果なので(100%MSFのスタッフが支援)、MSFが撤収した後に、保健省がこの医療体制を維持していけるか?というと残念ながらそれは色々な意味で難しいと思います。MSFのキャパシティが年々上がり数年前には救えなかったケースも救えるようになってきていますが、その国のキャパシティとの差が大きい場合、将来的にどう支援していけばいいのか(プロジェクトを終了する際)、まだまだ考えなければならないことが沢山あります。

今後の展望は?

体力回復でしょうか。

今後海外派遣を希望する方々に一言アドバイス

体一人ひとりができることには限度があります。しかも違う文化習慣の中なのですぐに大きな変化は期待できません。もし小さな変化や改善が見られたら万歳です。

MSF派遣履歴

派遣期間
2015年11月~2016年3月
派遣国
コンゴ民主共和国
プログラム地域
マノノ
ポジション
プロジェクト・コーディネーター
派遣期間
2015年8月~2015年11月
派遣国
中央アフリカ共和国
プログラム地域
バンギ
ポジション
医療チームリーダー
派遣期間
2014年4月~2015年2月
派遣国
コンゴ民主共和国
プログラム地域
キサンガニ
ポジション
Nursing Team Supervisor
派遣期間
2013年3月~2014年1月
派遣国
コンゴ民主共和国
プログラム地域
シャブンダ
ポジション
医療チームリーダー
派遣期間
2012年3月~2013年1月
派遣国
ブルンジ
プログラム地域
ギテガ
ポジション
プログラム責任者
派遣期間
2011年10月~2012年1月
派遣国
コンゴ民主共和国
プログラム地域
キンサシャ
ポジション
副医療コーディネーター
派遣期間
2010年11月~2011年7月
派遣国
ソマリア
プログラム地域
ソマリランド・ブラオ
ポジション
医療チームリーダー
派遣期間
2010年1月~2010年7月
派遣国
コンゴ民主共和国
プログラム地域
ニャンガラ
ポジション
医療チームリーダー
派遣期間
2009年5月~2009年11月
派遣国
中央アフリカ共和国
プログラム地域
バタンガフォ
ポジション
助産師
派遣期間
2008年8月~2009年1月
派遣国
スーダン
プログラム地域
カグロ
ポジション
助産師/看護師
派遣期間
2007年8月~2008年6月
派遣国
ニジェール
プログラム地域
ダコロ
ポジション
助産師/看護師
派遣期間
2007年2月~2007年6月
派遣国
チャド
プログラム地域
イリバ
ポジション
助産師
派遣期間
2006年3月~2006年12月
派遣国
コートジボワール
プログラム地域
ビヌイエ
ポジション
助産師
派遣期間
2005年5月~2005年11月
派遣国
コンゴ民主共和国
プログラム地域
ブニア
ポジション
看護師
派遣期間
2004年2月~2004年5月
派遣国
コンゴ民主共和国
プログラム地域
ブニア
ポジション
看護師
派遣期間
2003年5月~2003年11月
派遣国
ブルンジ
プログラム地域
マカンバ
ポジション
助産師

この職種の募集要項を見る