海外派遣スタッフの声

交渉業務の難しさも実感、難民キャンプの医療提供:松本 明子

ポジション
コーディネーター
派遣国
タンザニア
活動地域
キゴマ、ニャルグス、ンドゥタ
派遣期間
2016年4月~2016年6月

国境なき医師団(MSF)の海外派遣に再び参加しようと思ったのはなぜですか?また、今回の派遣を考えたタイミングはいつですか?

緊急援助プロジェクトで、英語だけでなくフランス語を話す機会があるプロジェクトだったから。緊急援助なので、自分の都合のよいタイミング、ということでは考えていませんでした。

派遣までの間、どのように過ごしましたか? どのような準備をしましたか?

イエメンでの活動を終えて1ヵ月後なので、とくに準備はしていません。

過去の派遣経験は、今回の活動にどのように活かせましたか? どのような経験が役に立ちましたか?

はじめての医療コーディネーターのポジションでしたが、以前に副医療コーディネーターや病院マネジャー、医療チームリーダーなどのポジションを経験していたので、それが役にたちました。

今回参加した海外派遣はどのようなプロジェクトですか?また、具体的にどのような業務をしていたのですか?

難民キャンプで水を汲む子どもたち 難民キャンプで水を汲む子どもたち

タンザニアにある、ブルンジ人難民のための複数のキャンプでの医療活動です。ここでは、医療コーディネーターと医療チームリーダーの両方の業務をカバーしました。7週間だけの活動でした。

MSFで直接プロジェクトを運営している5つのオペレーション・センター(※)のうち、私は今回、スイス事務局のプロジェクトの活動でした。医療コーディネーターとしては、スイス事務局だけでなく、オランダ事務局が運営するプロジェクトの海外派遣スタッフの健康管理を担ったほか、スイス事務局が運営している2つのプロジェクトのサポート、コーディネーション機能をタンザニア最大の都市ダル・エス・サラームに移すための薬局管理、ロジスティック・コーディネーターや活動責任者との意見交換などです。

診療所にやってきた親子 診療所にやってきた親子

ニャルグス難民キャンプのプロジェクトは、ブルンジ人難民だけでなく、長期にわたるコンゴ難民との兼ね合い、ほかのNGO団体や国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)との兼ね合いなど、かなり政策戦略を交えての話し合いを行いました。

また、スイスの運営事務所との連携や意見交換、新しいプロジェクトを立ちあげるための準備や、緊急フェーズから通常フェーズへの移行期間であるため、運営予算に関しての提案と意見交換も行いました。

海外派遣スタッフは45人、現地スタッフはタンザニア人、ブルンジ難民、コンゴ難民など、500人ほどでした。

  • オペレーション・センターはフランス、オランダ、スイス、ベルギー、スペインの5ヵ国にあり、活動地での医療援助活動を運営している

派遣先ではどんな勤務スケジュールでしたか? また、勤務外の時間はどのように過ごしましたか?

夕方5時以降は安全上の規定で難民キャンプに入れないため、業務の時間が十分とれるよう、朝7時には難民キャンプに出発します。医療コーディネーターと医療チームリーダーという、コーディネーターのポジションを担っているため、ほとんどの時間が、コンピューターと携帯電話に向かっているか、またはミーティングのために移動していました。

キャンプから離れた場所にあるコーディネーション事務所にいるときは、事務所で過ごすか、ミーティングに出かけるか、でした。ただ、2つの難民キャンプを隔週移動していたため、事務所よりフィールド(難民キャンプ)にいる時間がほぼ90%と多かったと思います。

勤務外は、スラックスライン(綱渡り)をしたり、小さなマーケットでパイナップルやアボガドを買ったりもしました。

現地での住居環境についておしえてください。

緊急援助プロジェクトのため、ホテルを貸し切っていました。コーディネーション・チームは、ほかのNGOと住居を共有する形で生活していました。ニャルグスでは地域に電気が通っていないため、発電機のみで電気を確保していました。夜11時以降は、電気なしです。インターネットもつながりが悪かったです。ンドゥタでは電気が通っていて、インターネットの環境もよかったです。

活動中、印象に残っていることを教えてください。

診療所は難民、地元民の区別なく受け入れる 診療所は難民、地元民の区別なく受け入れる

スイスのプロジェクト運営本部との意見交換は、たやすくないと感じました。医療コーディネーターとしては、プロジェクトをサポートしたいのに、運営本部の考えと食い違うと説得するのにかなり時間と能力を使います。また、MSFはMSFのやり方があるため、ほかのNGOや国連への主張もしなくてはいけません。

難民を対象としたプロジェクトですが、MSFは難民以外にも搬送患者を受け入れています。MSFだからこそタンザニアの地元の患者に対しても何かできる、というのが印象に残りました。

3歳のタンザニア人の女の子が難病を患っていて、ダル・エス・サラームでないと治療できないという診断をMSFの病院で告げられました。MSFとしてどこまでできるのかを運営本部と話し合い、検査に対する費用(検査と移動費)をMSFがカバーすることになりました。今回の緊急援助プロジェクトではブルンジ人難民を対象にしていること、またガンなどの病気はMSFでは限りがあるため、検査のみサポートするということです。

がん治療であればタンザニア人は無料で治療を受けられますし、それ以外の病気はチャリティー団体の支援を受けられるチャンスがあるため、この女の子の両親が検査を受けるために8時間かけて移動するかどうかを決断しなくてはいけません。そのプロセスを、私の活動期間が終わりタンザニアを離れる直前まで実施して、次の医療コーディネーターが到着するまでの2週間、運営本部に引き継ぎをしました。

医療コーディネーターが通常はほとんどいないプロジェクトのため、各所に、医療コーディネーターがいて、カウンターパートとして話ができる、という主張をするのにかなり苦労しました。

今後の展望は?

フランス語圏の活動に参加することと緊急援助プロジェクトに参加し続けること。

今後海外派遣を希望する方々に一言アドバイス

やりたいと思ったことは、チャンスがあればやったほうがいいです。自分のスタイルを変える必要はなく、合わせる必要もありません。援助の恩恵を受ける人びとのことを考えて活動するのみです。

MSF派遣履歴

派遣期間
2016年4月
派遣国
日本
活動地域
熊本
ポジション
看護師
派遣期間
2015年10月~2016年3月
派遣国
イエメン
活動地域
タイズ
ポジション
病院マネジャー
派遣期間
2015年4月~2015年5月
派遣国
ネパール
活動地域
アルガト
ポジション
看護師/医療コーディネーター代理
派遣期間
2014年10月~2015年3月
派遣国
パプアニューギニア
活動地域
湾岸州ケレマ
ポジション
プロジェクト・コーディネーター
派遣期間
2013年11月~2014年5月
派遣国
フィリピン
活動地域
レイテ島
ポジション
看護師/プログラム責任者/副医療コーディネーター
派遣期間
2013年9月~2013年10月
派遣国
フィリピン
活動地域
ミンダナオ島サンボアンガ
ポジション
看護師
派遣期間
2012年12月~2013年6月
派遣国
南スーダン
活動地域
上ナイル州マバン
ポジション
医療チームリーダー/看護師
派遣期間
2012年8月~2012年9月
派遣国
フィリピン
活動地域
マニラ
ポジション
看護師
派遣期間
2011年11月~2012年5月
派遣国
ナイジェリア
活動地域
ソコト州ゴロニョ
ポジション
栄養リサーチ・コーディネーター
派遣期間
2011年1月~2011年9月
派遣国
ウガンダ
活動地域
カボング県
ポジション
フィールド・リサーチ・コーディネーター
派遣期間
2010年2月~2010年10月
派遣国
ナイジェリア
活動地域
ソコト州ゴロニョ
ポジション
看護師/医療物資在庫管理担当
派遣期間
2009年5月~2009年10月
派遣国
インド
活動地域
ビハール州ビラウル
ポジション
看護師
派遣期間
2009年1月~2009年3月
派遣国
南スーダン
活動地域
西エクアトリア州ヤンビオ
ポジション
看護師
派遣期間
2007年12月~2008年8月
派遣国
ウガンダ
活動地域
カボング県
ポジション
看護師

この職種の募集要項を見る