Humanitarian Congress Tokyo 人道援助コングレス東京

Humanitarian
Congress
Tokyo 2022人道援助コングレス東京2022

Rethinking humanitarian action in a changing world
今、あらためて人道を考える


May 19th (Thu.) and 20th (Fri.), 2022
@Webinar, with simultaneous interpretation
オンライン開催、日英同時通訳あり。
Co-hosted by MSF and ICRC /共催:国境なき医師団、赤十字国際委員会

A woman originally from Afghanistan, who lives in Lesbos, Greece for two years ©MSF

Registration

We might stop registration before the Congress days, once the number of participants reaches the limit.
定員に達した場合には、開催日前に申し込みを締め切る場合もございます。

Notice on personal information and the use of Zoom and Slack
個人情報管理およびZoom, Slack利用について

Sign Up Here申し込み 新しいウィンドウで開く
SHARE

Humanitarian Congress Tokyo

The number of people displaced by conflict, political upheaval or climate change and in need of urgent humanitarian assistance has markedly increased over the past few years. The war in Syria is more than a decade old, and the war in Yemen is now in its seventh year. August 2022 marks five years since people were displaced from Rakhine State, Myanmar, due to violence. In February 2021, there was a military coup that has had a devastating impact on the country’s healthcare system and civilians are desperately asking for the support and commitment of the international community. In August last year, The Islamic Emirate of Afghanistan, also known as the Taliban seized power in Afghanistan, which led to the rapid and dramatic increase of humanitarian needs. Furthermore, since the beginning of this year, thousands of people have already lost their lives due to the war in Ukraine, with over 7 million people internally displaced and 5 million people forced to flee. All eyes are today turned towards the humanitarian crisis triggered by this conflict, which is being followed in real time through social and traditional media. While governments around the world are still fighting and trying to recover from the COVID-19 pandemic, the crisis in Ukraine will have global consequences and will disproportionately affect people, especially in conflict areas where social protection policies that could absorb these shocks have already been weak or non-existent.

The theme of this year's Humanitarian Congress is "Rethinking humanitarian action in a changing world". The Congress will focus on deepening the understanding of today’s humanitarian crises and reflect on what the international community can do to better protect the lives and dignity of people in such extreme situations. It will analyze what kind of actions are needed and how we can better cooperate amongst different stakeholders from the humanitarian, development and private sector in order to respond effectively to these massive needs and bring people out of these humanitarian crises. Engaging with all participants, we would like to discuss how we can shape the humanitarian response of tomorrow.

The Humanitarian Congress Tokyo is primarily intended to promote dialogue among those involved in international cooperation (practitioners, policy makers, researchers, etc.). It also seeks to raise the attention and foster participation and actions of the private sector, the media, students studying in the field of international cooperation, and all people with a broad interest in humanitarian work. We are looking forward to having you online with us for the Humanitarian Congress Tokyo 2022.

About Humanitarian Congress Tokyo
Médecins Sans Frontières (MSF) has established the "Humanitarian Congress Tokyo" since 2020 as a platform based in Japan to discuss various issues related to humanitarian aid, and has been organizing the event jointly with the International Committee of the Red Cross (ICRC) since 2021. Due to the ongoing COVID-19 pandemic, the event will be held in an online format as per last year.

紛争や政変、気候変動の影響により避難を強いられ、緊急に人道援助を必要とする人びとの数はこの数年、顕著に増加しています。シリア紛争は10年以上が経過し、イエメンでの紛争も7年が経過しました。ミャンマーのラカイン州における暴力により人びとが避難を強いられてから今年の8月で丸5年となり、また昨年の2月には軍事クーデターが起き、ミャンマーの医療体制は壊滅状態となっており、人びとは国際社会の支援、コミットメントを切望しています。昨年の8月にはタリバンが政権を掌握したアフガニスタンでの人道ニーズも急速且つ劇的に増加。さらには、今年に入り、ウクライナにおける紛争では、既に数千人の一般市民が命を落とし、700万人以上が国内、500万人以上が周辺国への避難を余儀なくされています。世界中の人びとはこの紛争によって引き起こされた人道危機をメディアやSNSが発する情報を通してリアルタイムで目撃しています。各国政府が依然として新型コロナウイルス感染症との闘いを続ける中、この危機が更に世界中に影響を与えることは確実であり、中でも社会保障制度が既に弱体化している、あるいは存在しない紛争地域で生活する人びとへの影響は、計り知れません。

今年の人道援助コングレスはテーマを「今、あらためて人道を考える」とし、今日の人道危機に対する理解を深め、極限状態にある人びとの生命と尊厳を守るために国際社会には何ができるかを考える機会とします。大規模なニーズに効果的に対応し、人びとを人道的危機から救うために、どのような行動が必要なのか、また、人道、開発、民間セクターなど様々なアクター間でどのような協力が可能かを検証し、将来の人道援助をどのようなものにしていくのか、参加者の皆さまとともに考えてまいりたいと思っております。

人道援助コングレス東京は、主に国際協力にかかわる関係者(実務者、政策立案者、研究者等)の間の対話を促すことを目的としていますが、民間企業の皆さま、メディアの方々、国際協力分野を勉強されている学生の皆さんをはじめ、広く人道援助に関心をお持ちの方々のご参加をお待ちしております。

人道援助コングレス東京について
日本において人道援助をめぐる諸問題を共に考える場をつくりたいと考え、国境なき医師団(MSF)は2020年より「人道援助コングレス東京」というプラットフォームを開設し、昨年より赤十字国際委員会(ICRC)との共催で実施しています。なお、コロナ禍が継続していることもあり、昨年と同様にオンライン形式にて実施します



Establishment of the Advisory Group
アドバイザリー・グループの設立について

Program

We will update the information on the Panelists and Moderators.
パネリスト及びモデレーターに関しましては、随時更新します。


以下敬称略

Opening

May 19th (Thu.) 17:00-17:10

Opening Remarks
Yuko Nakajima, President, MSF Japan

開会挨拶
中嶋優子(MSF日本会長)




Pre-session

May 19th (Thu.) 17:10-18:20

Conflict in Ukraine and International Humanitarian Law
ウクライナ紛争と国際人道法

Panelists:
Angélique Appeyroux, Head of Operations, ICRC Ukraine
Trish Newport, Deputy Program Manager, Emergency Desk, MSF
Régis Savioz, Head of Delegation in Japan, ICRC
Shinjiro Murata, General Director, MSF Japan

Moderator:
Miki Ebara, Chief International Correspondent/ Executive Producer, NHK World

パネリスト:
アンジェリク・アペルー(ICRCウクライナ代表部事業統括)
トリッシュ・ニューポート(MSF緊急対応デスク副プログラムマネージャー)
レジス・サビオ(ICRC駐日代表)
村田慎二郎(MSF日本事務局長)

モデレーター:
榎原美樹(NHK国際放送局エグゼクティブ・ディレクター)

This session will focus on Ukraine, where the escalation and expansion of the conflict have forced more than 5 million people to flee outside the country and displaced more than 7 million people internally (as of April 2022). The war has claimed the lives of many civilians, who have been unable to evacuate areas where attacks are increasing, and are holding on for their life with limited water and food, and no access to basic services, including communications.

Since the outbreak of the war in February, humanitarian organizations have been confronted with significant challenges in Ukraine. While people suffer from a lack of protection and access to medical and humanitarian aid, with hospitals having come under attack, security concerns, as well as disinformation and misinformation campaigns, have made implementing independent, neutral, and impartial assistance a dangerous and difficult task.

In the pre-session, the ICRC, whose exclusive humanitarian mission is to protect the lives and dignity of victims of armed conflicts and prevent suffering as a guardian of International Humanitarian Law (IHL), and MSF, which provides medical humanitarian assistance in conflict zones based on the protection of medical care under IHL, will be addressing the evolving humanitarian situation in Ukraine. They will also address the main challenges in responding to growing needs and recall basic IHL rules to be upheld by parties to armed conflict. The situation in Ukraine is being watched with an unprecedented level of interest by many people around the world, including in Japan, and we would like to reflect on these humanitarian issues and provide an opportunity for Congress participants to think about "humanity" anew.

今回のプレ・セッションでは、紛争の激化・拡大により、500万人以上の人々が国外に避難し、700万人以上の人々が国内で避難を余儀なくされている(2022年4月時点)ウクライナに焦点を当てる。この紛争により、多くの民間人が命を落とし、また攻撃が悪化する地域から避難することができずに、基本的なインフラ・通信手段もない厳しい状況下で、限られた水・食糧で命をつないでいる。

2月の紛争のぼっ発以降、私たち人道援助団体は日々、ウクライナにおいて様々な人道的課題に直面している。民間人は保護の欠如や病院への攻撃、医療・人道援助へのアクセスが困難なことから苦境に立たされている一方、安全上の懸念や偽情報・誤情報などにより、人道援助団体にとって、独立、中立、公平な支援を届けることが困難で危険なものとなっている。

国際人道法の守護者として武力紛争により犠牲を強いられる人びとの生命と尊厳を保護することを人道的使命としているICRCと、国際人道法の医療の保護を基に紛争地域で医療・人道援助活動を行うMSFからのウクライナでの現地活動についての報告を受け、刻々と変化するウクライナの人道状況と、現地で支援を実施する上での課題について理解するとともに、国際武力紛争の当事者により遵守されなければならない国際人道法上の基本的なルールについて再考する。日本を含め世界中の多くの人びとが関心を持ってウクライナの状況を見つめている今、参加者とともにあらためて「人道」について考える機会としたい。

Session 1

May 19th (Thu.) 19:00-20:30
MSF Session

Time to face the “Silent Pandemic” of AMR – Roles of Medical and Humanitarian Actors
命をおびやかすAMR の「サイレント・パンデミック」に立ち向かう──医療・人道アクターの役割

Panelists:
Hiroshi Yotsuyanagi, Director of the IMSUT Hospital, the Institute of Medical Science, the University of Tokyo / President of the Japanese Association for Infectious Disease
Anand Balachandran, Unit Head, AMR National Action Plans and Monitoring SPC Department, AMR Division, WHO
Osamu Kunii, CEO, Global Health Innovative Technology Fund (GHIT Fund)
Hossam M. Altalmas, MSF antibiotic stewardship officer in Gaza project

Moderator:
Angela Uyen, Health Policy and Advocacy Advisor, MSF

パネリスト:
四柳宏(東京大学医科学研究所附属病院病院長、日本感染症学会理事長)
アナンド・バラチャンドラン(WHO AMR国別行動計画・モニタリングSPCユニットヘッド)
國井修(公益社団法人グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)CEO)
ホサーム・M・アルタルマス(MSFガザプロジェクト抗菌薬適正使用推進オフィサー)

モデレーター:
アンジェラ・ウエン(MSF 保健政策・アドボカシーアドバイザー)

Bacteria, viruses, parasites and other microbes which have developed resistance to antimicrobials (including antibiotics) are called antimicrobial resistance (AMR). In 2016, the British government estimated that as many as 10 million people could die from AMR infections by the year 2050. More recently, WHO has expressed concern about the rapid increase in AMR due to the abuse of antimicrobials in the COVID-19 pandemic.

AMR affects a variety of patients; from people with tuberculosis to casualties of conflict, and even newborn babies. To control AMR, setting up proper laboratories and training medical staff to determine exact type of bacteria are essential. Implementing quality infection prevention and control measures in hospitals is a key component to successfully tackling this increasingly serious threat.

This session will discuss AMR as a global issue, from worldwide statistics to specific examples from a Middle Eastern project. Panelists will also discuss AMR from various perspectives, including the adequate usage of antibiotics, research and development, funding, and ensuring sustainable access, especially in resource-limited settings.

抗菌薬に対して耐性を獲得した細菌、ウイルス、寄生虫や微生物を抗菌薬耐性(AMR)と呼ぶ。2016年、英国政府は、2050年までに1000万人もの人びとがAMR感染で死亡する可能性があると試算した。また直近では、COVID-19のパンデミックにおいて、抗菌薬の乱用によるAMRの急激な増加を世界保健機関(WHO)は懸念している。

AMRは、結核から紛争犠牲者、新生児医療まで、さまざまな患者に影響を及ぼしている。AMRを抑制するためには、適切な検査室の設置と細菌の種類を正確に判断できる医療スタッフの育成が不可欠であり、病院における感染予防対策(IPC)が重要な鍵を握っている。

本セッションでは、世界的な統計から中東プロジェクトでの具体的な事例まで、グローバルな問題としての AMR を議論する。また、パネリストは、抗生物質の適切な使用、研究・開発(R&D)、資金調達、持続的なアクセスの確保など、幅広い観点から論議する

Session 2

May 20th (Fri.) 17:00-18:30
ICRC Session

The Role of the Private Sector in Responding to Increasingly Complex and Protracted Humanitarian Crises
複雑化・長期化する人道的危機への対応における民間セクターの役割

Keynote Address:
Ritsu Nacken, Deputy Representative, United Nations High Commissioner for Refugees (UNHCR) Representation in Japan

Panelists:
Yukihiro Nitta, Group Executive Officer, Fast Retailing Co., Ltd.
Yukoh Satake, CEO, Grameen Euglena/ Assistant President, Euglena Co., Ltd.
Mitsuhiro Murooka, Senior Vice President & CCO, NEC Corporation

Youth Commentator:
Rena Kawasaki, Chief Future Officer, Euglena Co., Ltd.

Moderator:
Tomoko Nagano, Newscaster/Journalist

Session2 Closing Remarks:
Yukiko Matsuda, Director, Humanitarian Assistance and Emergency Relief Division,
International Cooperation Bureau, Ministry of Foreign Affairs of Japan

キーノート・アドレス:
ナッケン鯉都(国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐日首席副代表)

パネリスト:
新田幸弘(株式会社ファーストリテイリング グループ執行役員)
佐竹右行(グラミンユーグレナCEO/株式会社ユーグレナ 社長補佐官)
室岡光浩(日本電気株式会社 執行役員 兼 CCO)

ユース・コメンテーター:
川﨑レナ(株式会社ユーグレナ 最高未来責任者)

モデレーター:
長野智子(キャスター/ジャーナリスト)

セッション2閉会の挨拶:
松田友紀子(外務省国際協力局緊急・人道支援課長)

This session will discuss partnerships between the private sector and humanitarian organizations, with a focus on how the private sector can collaborate and play an active role in bringing people out of crisis and contributing to humanitarian objectives, particularly in unstable environments or areas affected by, or prone to, armed conflict and violence. It will look at a wide range of ways to engage and collaborate, such as co-creating solutions to deliver stronger and more efficient humanitarian response, designing new technologies in a responsible manner, preventing negative impact on communities while conducting businesses, and/or creating employment opportunities for those forced to leave their home countries. The session will offer the opportunity to companies operating globally to share their initiatives, success stories, best practices and challenges while trying to reduce risks to the vulnerable people. It will seek their ideas on how the private sector can better cooperate with humanitarian organizations for a more sustainable impact and discuss future prospects by exchanging views with participants.

本セッションでは、民間セクターと人道支援組織のパートナーシップをテーマに、特に不安定な環境や、武力紛争・暴力の影響を受けた、あるいは受けやすい地域において、人びとを危機から救い、人道的な目標を達成するために、民間セクターがいかに協力し、積極的な役割を果たすことができるかに焦点を当てる。協働可能性のある分野として、より効果的かつ効率的な人道援助を実施するためのソリューションの共創、責任ある形での新技術の設計、ビジネスを行う上でのコミュニティへの負の影響の予防、自国を離れざるを得ない人びとの雇用機会の創出など、幅広い関わり方を取り上げる。このセッションでは、グローバルに事業を展開する企業が、脆弱な人びとへのリスクを軽減するための取り組み、成功事例、ベストプラクティス、課題などを共有する機会を提供する。また、民間企業が人道支援組織とどのように協力し、より持続的なインパクトを与えることができるか、参加者との意見交換を通じて、今後の展望を議論する。

Session 3

May 20th (Fri.) 19:30-21:00

To End Prolonged Humanitarian Crisis in Afghanistan
長きにわたるアフガニスタンの人道危機、出口を求めて

Panelists:
Yasuaki Yoneyama, Special Representative, Japan, World Bank
Eri Yamamoto, Secretary General, Shanti Volunteer Association
Surraya Amiri, Health Care in Danger Field Officer, ICRC Afghanistan
Gaëtan Drossart, Operations Coordinator for Afghanistan, MSF

Moderator:
Daisaku Higashi, Professor, Sophia University

パネリスト:
米山泰揚(世界銀行駐日特別代表)
山本英里(公益社団法人シャンティ国際ボランティア会事務局長)
スーラヤ・アミリ(ICRCアフガニスタン代表部 Health Care in Danger事業担当)
ガエタン・ドロサール(MSFアフガニスタン・オペレーション・コーディネーター)

モデレーター:
東大作(上智大学教授)

More than six months after The Islamic Emirate of Afghanistan, also known as the Taliban seized power in Afghanistan in August 2021, international sanctions and a freeze on development aid have further exacerbated the plight of millions of Afghans, exhausted by more than 40 years of conflict, repeated droughts, and the COVID-19 pandemic. Today, half of the Afghan population is in need of humanitarian assistance.

One of the most urgent areas of need is in health and medical care, where the UN organizations and humanitarian organizations such as ICRC and MSF are helping to fill the gap created by the withdrawal of international assistance. The humanitarian response can and will, however, never be able to replace the public health and medical services required for 40 million people. As a result, diseases other than COVID-19, including measles, are now spreading, and severe malnutrition among children is increasing. Paying salaries to public staff is essential to provide basic social services, including health care, and the suspension of banking services and lack of financial liquidity is having a devastating effect on the overall economy and the ability of humanitarian agencies to effectively expand their operations.

In Japan, the living conditions of Afghan evacuees, and the challenges they face, are not fully recognized and there is a need to generate public interest.

While the world shifts its focus to Ukraine, through this session, we will deepen our understanding of the current humanitarian crisis in Afghanistan, and how humanitarian and development organizations can work together to find solutions to a crisis of such magnitude that is pushing the functioning of basic social services to their near collapse.

2021年8月のタリバンによる権力掌握から半年以上が経過し、国際的な制裁や開発援助の凍結等によって、40年以上の紛争、度重なる干ばつ、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行によって疲弊している数百万のアフガニスタンの人びとの窮状はさらに悪化、人口の半数が人道援助を必要とする状況に陥っている。

最も緊急に支援を必要としている分野の一つが、保健・医療の分野である。ICRC、MSF、国連機関などの人道組織は、国際支援の撤退によって生じたギャップを埋めるべく支援を行っているが、人道的対応だけでは、それまでの公的な保健・医療サービスに代わって4000万の人びとへの公衆衛生や医療サービスの提供を確保することは不可能である。その結果、アフガニスタンでは、今、はしかをはじめCOVID-19以外にも様々な病気が拡大し、子どもの深刻な栄養失調が増加している。医療を含め基本的な社会サービスを提供するためには公的スタッフへの給与の支払いは不可欠であり、銀行サービスの停止や資金の流動性の欠如は、経済全体と人道組織が効率的に活動を拡大する能力に壊滅的な影響を及ぼしている。

また、アフガニスタンから日本に逃れてきた人びとの受け入れ状況やその課題は十分に認識されておらず、社会的関心を喚起する必要性があると考える。

本セッションでは、世界の関心がウクライナに移る中、アフガニスタンの人道的危機の現状を把握し、基本的な社会サービスの崩壊を引き起こすような大規模な危機に対して、人道援助と開発のアクターが共に解決策を探る議論を展開する。

Closing

May 20th (Fri.) 21:00-21:10

Closing Remarks
Yasuo Tanaka, Deputy Executive Director General, Operations Sector / Director General of International Department, Japanese Red Cross Society

閉会挨拶
田中康夫(日本赤十字社事業局副局長兼国際部長)

The following is an announcement of a side event for Japanese students. This side event will be organized only in Japanese.


人道援助コングレス東京2022 日本熱帯医学会学生部会(J-Trops)主催サイドイベント
「人道援助と医療」

5月22日(日) オンライン開催
第1部 14:00-15:00
第2部 15:30-17:00
対象者 学生(定員100人)

サイドイベントのお申し込みはこちらから


第1部 MSFにおける研究活動
講師:国境なき医師団 疫学専門家 岩本桃子

MSF における研究業務の種類や、MSFに研究者として関わる方法・可能性について学ぶ。また、医療資源が乏しい地域における研究課題や研究環境に関して講師の経験を共有しながら、国際保健における研究分野の重要性について理解を深めていく。


第2部 紛争地の医療を知る
講師:国境なき医師団 外科 関聡志
日本赤十字社医療センター 集中治療科 副部長 大塚尚実

紛争地域の医療に携わった医師と、人道援助に関心を持つ学生によるパネルディスカッションを行う。医師としての現場での活動経験や支援にかける思いを聞き、現在の人道援助の仕組みや国際平和、将来の人道分野への関わり方について考える機会を提供する。

Registration

We might stop registration before the Congress days, once the number of participants reaches the limit.
定員に達した場合には、開催日前に申し込みを締め切る場合もございます。

Notice on personal information and the use of Zoom and Slack
個人情報管理およびZoom, Slack利用について

Sign Up Here申し込み 新しいウィンドウで開く
SHARE

Archive

2021

Future of Humanitarian Action – truly leaving no one behind
「人道援助の未来――真に、“誰一人取り残さない”ために」

The Humanitarian Congress Tokyo 2021 was held on May 13 and 14, with simultaneous interpretation between Japanese and English. The audio is in the speaker's language, so please use the automatic translation function on YouTube if necessary.

人道支援コングレス東京2021は、5月13日及び14日の2日間にわたり、日英同時通訳付きで実施されました。アーカイブ映像の音声は話者の言語となりますので、YouTube自動翻訳機能をご利用ください。

Opening Remarks and Opening Session: Future of Humanitarian Action – truly leaving no one behind/ 開会挨拶、人道援助の未来――真に、“誰一人取り残さない”ために

Session 1:A decade of loss – Syria after ten years of crisis/ 破壊と喪失の10年‐シリアが背負う大きな代償

Session 2: Climate Change and Conflict: When Rain Turns to Dust/ 気候変動と紛争:大地が干上がる時

Session 3: Massive setback to decades of progress in women’s and child health: the impact of the pandemic beyond COVID-19, and Closing Remarks/ 女性・子どものヘルス分野における数十年の成果からの大幅な後退:新型コロナウイルス感染症の二次的影響 閉会挨拶



2020

Challenges of Humanitarian Aid amid COVID-19
「コロナ禍における人道援助とその課題」

The Humanitarian Congress Tokyo 2020 was conducted with simultaneous interpretation between Japanese and English. The audio is in the speaker's languages, so please activate the auto-translate on YouTube if necessary.

人道援助コングレス東京2020は日英同時通訳付きで実施されました。音声は話者の言語となりますので、必要に応じてYouTubeの自動翻訳機能をご利用ください。

Pre-session: Implementation of humanitarian medical aid by MSF and the challenges MSF faces / MSFによる人道医療援助の実践と直面する危機

Speaker:
Shinjiro Murata, General Director, MSF Japan

Guest speaker:
Reshma Adatia, International Operations and Humanitarian Representation Coordinator, MSF International

発表者:
村田慎二郎(MSF日本事務局長)

ゲストスピーカー:
レシュマ・アダティア(MSFインターナショナル 人道・外交担当代表)


Opening remarks and Session1: Attacks on medical care / 開会挨拶、医療施設に対する攻撃

開会挨拶
久留宮隆(MSF日本会長)

Panelists:
Maciej Polkowski, Head of the Health Care in Danger initiative, International Committee of the Red Cross (ICRC),
Leonard Rubenstein, Chair, Safeguarding Health in Conflict Coalition
Shinjiro Murata, General Director, MSF Japan

Moderator:
Shuichi Furuya, Professor of law at Waseda Law School

パネリスト:
マーチェイ・ポルコウスキ(赤十字国際委員会Health Care in Danger プロジェクト統括)
レオナルド・ルーベンスタイン(Safeguarding Health in Conflict Coalition代表)
村田慎二郎(MSF日本事務局長)

モデレーター:
古谷修一(早稲田大学大学院法務研究科教授)


Session2: The global equitable access to the COVID-19 vaccine, therapeutics and diagnosis / 新型コロナウイルスワクチン・治療・検査への公平なアクセス

Panelists:
Dr. Sylvie Briand, Director of Infectious Hazard Management – Pandemic and Epidemic Disease department, WHO
Kaori Nakatani, Head of Office, DNDi Japan
Dr. Sidney Wong, Interim Co-Director MSF Access Campaign

Moderator:
Takashi Kurumiya, President, MSF Japan

パネリスト:
シルヴィ・ブリアン(医師、WHO感染リスク管理―エピデミック・パンデミック疾患対策部ディレクター)
中谷香(特定非営利活動法人DNDi Japan事務局代表)
シドニー・ウォン(医師、MSFアクセス・キャンペーン共同ディレクター)

モデレーター:
久留宮隆(MSF日本会長)


Session3: The Humanitarian situation in Yemen and Closing remarks / イエメンの人道状況、閉会挨拶

Panelists:
Hiroshi Sato, Chief Senior Researcher, IDE-JETRO
Yukimi Ogaki, World Food Programme (WFP) Yemen
Atsuhiko Ochiai, Former MSF Project Coordinator in Yemen

Moderator:
Takeshi Fujitani, Assistant to Executive Editor, The Asahi Shimbun

パネリスト:
佐藤寛(日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所 上席主任調査研究員)
大垣友貴美(国連世界食糧計画(WFP)イエメン事務所)
落合厚彦(元MSFイエメンプロジェクト責任者)

モデレーター:
藤谷健 (朝日新聞 編集担当補佐)

閉会挨拶
久留宮隆(MSF日本会長)