海外派遣スタッフの声

フランス語で記載した手術記録!:池田 知也

ポジション
外科医
派遣国
コンゴ民主共和国
活動地域
ルチュル
派遣期間
2016年11月~2017年1月

国境なき医師団(MSF)の海外派遣に再び参加しようと思ったのはなぜですか?また、今回の派遣を考えたタイミングはいつですか?

日頃から、日本での医療活動とMSFでの活動の両立を目標に、働いております。片方の仕事にのみ寄りすぎないように、バランスを心掛けております。

派遣までの間、どのように過ごしましたか?どのような準備をしましたか?

今回は、初めてのフランス語圏への派遣だったので、派遣前にパリでフランス語の研修を受けました。医療に特化した語学研修ではないため、活動地で行うであろう手術を想定して、手術記録をフランス語で書けるようにしておきました。

語学以外では、格別に何かを準備したということはありません。日本の医療現場で、技術の向上に努めました。

過去の派遣経験は、今回の活動にどのように活かせましたか? どのような経験が役に立ちましたか?

手術に関しては、だいたいどんな手術をすることになるか想像できたため、あまり苦労はしませんでした。今までのイエメンの活動に比べると、熱傷と単純骨折の割合が多かったですが、これらの日本での診療経験は役に立ったと思います。しかし、フランス語でのコミュニケーションにはかなり難渋しました。

今回参加した海外派遣はどのようなプロジェクトですか?また、具体的にどのような業務をしていたのですか?

コンゴ民主共和国のルチュルにある、総合病院の外科領域(外科・整形外科・熱傷)の診療を担当しておりました。手術は一般外科・外傷・整形外科から新生児まで、多岐にわたる手術へ対応しました。

また、複雑な帝王切開や、帝王切開後の合併症へも対応しました。外科医は通常4人体制の規模でしたが、私の滞在中は基本的に外科医2~3人での対応であったため、結構、忙しかったです。その他、回診・外来・救急や他科からのコンサルトに対応しました。

派遣先ではどんな勤務スケジュールでしたか?また、勤務外の時間はどのように過ごしましたか?

朝7時半から宿舎での全体ミーティングの後、車で病院へ移動し、8時頃から診療を開始しました。外科医は回診・コンサルト担当と手術室担当に分かれての診療でした。2人体制の時は、すべて1人でこなさなければならず、まず最初に回診を行い、その後、手術を行いました。

その他は、手術の合間を縫って診療を行いました。午後5時には当直のものに仕事をひきつぎました。2人体制の時は24時間勤務を1日おきに行う必要がありました。

外科医はかなり不規則な診療をしなければならず、勤務外の時間は休んでいることが多かったです。また、体力が衰えないように、体幹トレーニングに励んでいました。

現地での住居環境についておしえてください。

蚊帳付きベッドでマラリア予防 蚊帳付きベッドでマラリア予防

赤道近くに位置しますが、山岳地域であったため、気候は暑くもなく、寒くもなく、過ごしやすい気候でした。マラリア流行地域でしたので、蚊帳付きベッドで寝て、予防薬も内服していました。シャワーは火で沸かしてある熱湯と水を合わせてお湯を作り、桶でシャワールームへ持っていくものでした。不便そうに聞こえるかもしれませんが、下手な水シャワーよりは、自分で温度を調節できるため自分は割とこのパターンは好きでした。食事は現地のスタッフが準備してくれ、おいしくいただくことができました。

活動中、印象に残っていることを教えてください。

帝王切開だけで、1日平均8件ある病院でしたので、新生児に対応する機会がそれなりにありました。小児外科医ではない自分が日本では担当することのない先天性奇形に遭遇することがありました。私なりに病態を考え、現地で利用できるものを考慮したり、知人の小児外科医の先生に相談させてもらったりして、発展途上国であろうと治療可能だと考え治療を計画しました。

しかし、他のスタッフとの見解の違いもあり、私の知らぬ間に方針が緩和的治療と決定されて帰宅していました。それは一つの小さな命が失われたことを意味します。私は赤ちゃんが母乳を飲んでいた様子が、頭から離れませんでした。今後もコミュニケーション能力を向上させ、見たことのない症例でも命を救うために最善を尽くそうと心に誓いました。

今後の展望は?

今まで通り、日本での医療活動と、MSFでの活動の両立を目指していきたいです。

今後海外派遣を希望する方々に一言アドバイス

宿舎にいるイグアナ 宿舎にいるイグアナ

いつもと同じですが、日本で自分の分野にて一人前となることが、近道だと信じています。

MSF派遣履歴

派遣期間
2015年9月~2015年11月
派遣国
イエメン
活動地域
サナア、アデン
ポジション
外科医
派遣期間
2015年4月~2015年6月
派遣国
イエメン
活動地域
アデン
ポジション
外科医
派遣期間
2016年1月
派遣国
イエメン
活動地域
ハメル
ポジション
外科医