海外派遣スタッフの声

気温45度のなか栄養失調・予防接種プロジェクト:神田 紀子

ポジション
薬剤師
派遣国
ニジェール
活動地域
ギダンルンジ、ニアメ
派遣期間
2016年2月~2016年4月

国境なき医師団(MSF)の海外派遣に再び参加しようと思ったのはなぜですか?また、今回の派遣を考えたタイミングはいつですか?

前回、コートジボワールの派遣活動から2016年1月末に帰国したばかりだったのですが、 2月からの短期の活動のお話が複数あり、その中でもニジェールは周辺国に比べて比較的情勢が安定しているので、行ってみようと思いました。

派遣までの間、どのように過ごしましたか? どのような準備をしましたか?

自宅の大掃除(笑)、その後は健康診断、歯科検診、予防接種の確認など、おもに健康面でのチェックをしました。前回のコートジボワールでの活動に引き続きフランス語圏での活動になるので、前回ほどはテンパりませんでした(前回は3年ぶりのフランス語圏での活動でちょっと不安でした)が、ラジオ・フランス・インターナショナル(RFI:Radio France Internationale)の「Journal en français facile(※)」をポッドキャストで聴いていました。

  • RFIの、時事ニュースを簡単なテキストで聞くことができる学習者用のコンテンツ

過去の派遣経験は、今回の活動にどのように活かせましたか? どのような経験が役に立ちましたか?

ニジェールは3~6月には気温が40度以上になる世界で最も暑い国の1つですが、2010年にチャドの派遣活動中、50度を超えたことがあり、暑さに対する覚悟はできていました。50度以上まで測定できる温度計を宿舎のサロンに設置し、チームのみんなで「40度超えたね」など参考にしていました。気温が分からずに暑がっているよりも、実際に数値を見て納得した方が、諦めがついて(?)、むしろ「45度超えてる~!」などと暑さを楽しんでいられたように思います。

予防接種の活動では、チャド、ブルキナファソでの活動経験から、治療薬キットの準備などずいぶんスピードアップできたと思います。

今回参加した海外派遣はどのようなプロジェクトですか?また、具体的にどのような業務をしていたのですか?

ギダンルンジの診療所での栄養失調プロジェクト ギダンルンジの診療所での栄養失調プロジェクト

わずか2ヵ月でしたが、そのうちの3週間はギダンルンジでの栄養失調プロジェクトの終了(現地病院に活動承継)のサポートに当たりました。私が着任したとき、海外派遣スタッフはすでにほとんどの人が帰国して、8人が残っており、現地スタッフが200人ほどでした。

現地には750㎡もの広さの薬品倉庫があり、現地病院へ9ヵ月分(2016年末まで)の医薬品・医療器材を移管する業務をしていました。その他、すべての在庫を地域の保健センター、地域の基幹病院などに分配する業務にあたる現地チーム(派遣薬剤師1人+現地アシスタント2人)があり、その応援も行っていました。

残り5週間は首都のニアメで髄膜炎・はしか予防接種緊急援助チームのサポートに当たりました。予防接種に使用する医療資材や、治療のための医薬品の管理です。私は首都で業務につきましたが、予防接種チームはドソ地方の2つの町で、7チームが5~6日間かけて1万6000人に接種を行いました。

派遣先ではどんな勤務スケジュールでしたか? また、勤務外の時間はどのように過ごしましたか?

朝8時から夕方5時が勤務時間で、暑いため休憩が2時間ありました。ギダンルンジはお店やレストランがない小さな町なので、夜はみんなで、衛星テレビでドラマを観て団らんしていました。安全対策上、大きな市場などへ行くことはできなかったので、朝涼しいうちに散歩するくらいでした。

ニアメでは指定されたいくつかのレストランやスーパーマーケットに行くことができました。週末はお菓子を焼いて気分転換しました。

現地での住居環境についておしえてください。

各自個室があり、エアコンも使えました。停電時も発電機があって電気を24時間使えたので、快適に過ごせました。

活動中、印象に残っていることを教えてください。

ニジェールでは女性はヒジャブを被り、また、男性と女性は握手はしないなど、イスラム教の戒律が厳しい印象がありましたが、一方で女性の警備員が夜勤をしていたり、女性看護師がドソでの予防接種のために1週間出張したり、赤ん坊を連れて働いている女性スタッフがいたりと、女性も社会でたくましく働いているのが印象的でした。

今後の展望は?

今年は体を休めます。

今後海外派遣を希望する方々に一言アドバイス

チームのコミュニケーションがとても大切です。自分は体力がないので夜更かし・深酒はしないようにしていましたが、10分でもチームの団らんに参加するようにしていました。

MSF派遣履歴

派遣期間
2015年9月~2016年1月
派遣国
コートジボワール
活動地域
アビジャン
ポジション
薬局コーディネーター
派遣期間
2014年7月~2014年9月
派遣国
シリア
活動地域
ポジション
薬剤師
派遣期間
2013年3月~2013年4月
派遣国
シリア
活動地域
ポジション
薬剤師
派遣期間
2012年10月~2012年12月
派遣国
シリア
活動地域
ポジション
薬剤師
派遣期間
2012年4月~2012年7月
派遣国
中央アフリカ共和国
活動地域
バンギ
ポジション
薬剤師
派遣期間
2011年8月~2011年11月
派遣国
コートジボワール
プログラム地域
アビジャン
ポジション
薬剤コーディネーター
派遣期間
2011年2月~2011年4月
派遣国
マラウイ
プログラム地域
チラズル
ポジション
薬剤師
派遣期間
2010年1月~2010年6月
派遣国
チャド
プログラム地域
ンジャメナ
ポジション
薬剤師
派遣期間
2009年3月~2009年9月
派遣国
ブルキナファソ
プログラム地域
ウァガドゥグー
ポジション
薬剤師
派遣期間
2008年9月~2009年1月
派遣国
エチオピア
プログラム地域
南部諸民族洲
ポジション
薬剤師