海外派遣スタッフ産婦人科医

検査器材や人材の乏しい環境(超音波検査機器がある活動地は稀です)の下でも安全な出産ができるように、助産師と協力して活動にあたります。産婦人科医は、国境なき医師団のガイドラインに従い、吸引分娩、鉗子分娩や緊急および予定帝王切開、術後管理、流産手術などを担当します。(正常分娩は主に助産師が介助にあたります。双子、逆子を含みます)。24時間オンコールとなる派遣地もあります。また、複雑な症例(常位胎盤早期剥離、弛緩出血、子宮破裂、肩甲難産、子癇、骨盤位の経膣分娩など)に対応することも少なくありません。派遣期間の目安は6週間~です。

主な業務内容

  • 女性のリプロダクティブ・ヘルス(性と生殖に関する健康)の向上、妊産婦および新生児のリスク低減を目的とした、産婦人科領域での診療
  • 他科の医師や助産師と連携し、産前・産後ケアおよび分娩時の処置に対応
  • 臨床データを収集し、管理ツールを活用して医療スタッフと情報共有
  • 人事部門と連携しながら現地スタッフを指導・監督(採用、研修、業績評価など)
  • 薬剤師・ロジスティシャンと連携しながら産婦人科器具を管理、必要に応じて医薬品の在庫を管理・発注
産婦人科医

応募条件

  • 求める人物像に記載されている資質を参照
  • 産婦人科専門医資格
  • 緊急分娩/帝王切開/開腹による子宮摘出術の経験
  • 新人などへの指導や教育業務の経験
  • フランス語またはアラビア語のコミュニケーション力
  • 熱帯医学の知識または臨床経験
  • 離島やへき地、途上国など人材や資材に限りがある環境での臨床経験
  • HIV/エイズなど感染症のある妊産婦ケアの経験 など

海外派遣スタッフへ
応募される方はこちらから

応募方法ページ

海外派遣スタッフ説明会情報を
ご希望の方はこちら

メールアドレス登録フォームへ