心理ケア

心の健康と社会面の支援

紛争災害、暴力・性暴力、病気の流行などに直面することで、心の健康の問題につながるリスクがある。心理ケアは、国境なき医師団(MSF)の援助に欠かせない要素の一つだ。

MSFは、カウンセリングや薬物治療、心理社会的支援などを通し、心の健康問題への対応と予防を行っている。心の健康に影響を受けた人びとが、感情をコントロールし、自分の力を生かし、支援ネットワークにつながることができるよう、個人や家族、社会集団などに応じてサポートしている。

MSFの活動

2019年、MSFは心の健康に関する40万200件の個別相談に応じた。

最新の活動ニュース

一覧を見る