カラアザール(内臓リーシュマニア症)

基本情報

どんな病気?

ヒンディー語で“黒熱病”を意味する熱帯寄生虫疾患である。発熱、体重減少、肝臓・脾臓の肥大、貧血、免疫系不全などの症状が現れ、治療を受けなければ、ほぼ100%死に至る。

流行地域

症例数は、全世界で年間推定5万件から9万件におよぶ。その90%は、ブラジルエチオピアインドケニアソマリア南スーダンスーダンで発生しており、その地の風土病となっている。

感染経路

サシチョウバエに刺されることで感染する。

診断

アジアでは簡易検査、アフリカでは脾臓、骨髄、リンパ節から採取した検体の顕微鏡検査が主流。しかし、検体採取は危険を伴うため、専門家が検査施設で行う必要があり、人材や設備の乏しい途上国では普及が難しい。

治療

アジアではL-AmBが1次選択薬となりつつある。治療は短期間かつ安全だが、静脈注射が必要なことが壁となって、地方の診療所ではあまり普及していない。経口薬のミルテフォシンを足して患者の治療計画を最適化することが多い。アフリカでは、現在も5価アンチモン製剤(SSG)とパロモマイシンの併用療法が主流だが、強い痛みを伴う筋肉内注射を何度も打つ必要がある。他の併用療法研究も進んでいる。

備考

  • カラアザールとHIVの二重感染患者の治療が課題。どちらも免疫系を攻撃して弱めていくため。
  • 2018年、MSFは9900人のカラアザール患者を治療した。

最新の活動ニュース

一覧を見る