南スーダン:MSFと諸団体で役割分担——ベンティウ保護区域の医療援助

2016年12月30日掲載

プロジェクト・コーディネーターを務めたMSFのティラ・モハメッド プロジェクト・コーディネーターを務めた
MSFのティラ・モハメッド

紛争が続く南スーダンで、北部の情勢が再び悪化している。武力衝突が再燃し、多数の人びとがユニティー州の州都ベンティウにある国連民間人保護区域に避難してきた。しかし、保護区域の新規登録は2016年6月1日に停止されたままだ。

国境なき医師団(MSF)は保護区域内外で医療・人道援助を行っている。そのプロジェクト・コーディネーターを務めたティラ・モハメッドに、現地の状況とMSFの取り組みについて聞いた。

記事を全文読む

ベンティウの民間人保護区域と避難者の現状をお聞かせください。

ベンティウ民間保護区域内の様子 ベンティウ民間保護区域内の様子

民間人保護区域の新規登録は今も再開されていないままです(※)。国際移住機関(IOM)の発表では、数ヵ月で推定2万人が新たに到着し、保護区域内の人口は10万人に達しています。これは、他の4ヵ所の保護区域(ボア、ワオ、ジュバ、マラカル)の人口を足した規模です。

さらに、4000人以上が保護区域に入れず、まともな食糧も住まいもないまま、保護区域の周辺にとどまっています。

彼らは身の安全を求めて逃れてきているわけで、避難者の保護は最優先事項です。このままでは治安を含め問題がより深刻化してしまいます。早急に対応すべきです。MSFは登録を再開するよう国連に働きかけています。

  • 2016年12月1日時点

MSFの活動とチームはどれぐらいの規模なのですか。

外国人派遣スタッフ25人、現地スタッフ450人で、MSFの活動の中では大きなチームです。避難者数は増えていますが、現時点ではこの規模で対応できています。

南スーダンはインフラ整備も遅れているような状況です。MSFとしても現地スタッフの確保が課題となっています。ただ、MSFはこの地域で長く活動し、シニア・スタッフから新しいスタッフへのトレーニングや知識・経験の共有などができています。その結果、質の高い医療を提供できています。

民間人保護区域に身を寄せる避難者の中にも、MSFで勤務している人がいます。

保護区域内ではどのような医療ニーズがあるのですか。

重度の栄養失調でMSFのもとで入院治療を受ける子ども 重度の栄養失調でMSFのもとで入院治療を受ける子ども

ここではIOMや国際赤十字委員会(ICRC)が日常的な病気やけがなどの一次医療を担い、MSFは一般的な入院治療などの二次医療を提供しています。

具体的には、外科や救急、妊娠合併症の対応や帝王切開などを含む妊産婦ケア、性暴力被害者へのケア、重度栄養失調の治療を行っています。また、民間人保護区域内で医療ニーズの把握にも努めています。

月平均で、救急2500件、入院患者数350人、帝王切開を含めた分娩介助30件、外科手術25件、重度栄養失調の子ども80人といった診療規模です。

また、複数の団体が協力してマラリア対策を進めています。これまでに5ヵ所のマラリア対応拠点を設置しました。他団体は蚊の駆除スプレーや蚊帳の配布などを行っています。

2016年2月にはマラカルの民間保護区域が武装勢力に襲撃される事件がありました。MSFスタッフ2人を含む少なくとも19人が亡くなり、MSF病院に搬送された負傷者だけでも108人にのぼりました。ベンティウの民間人保護区域の治安についてお聞かせください。

区域内外の治安維持を国連南スーダン派遣団(UNMISS)が、区域内のセキュリティー管理を国連警察要員が担当しています。MSFは各方面や行政に、保護区域の治安確保と民間人の保護を呼びかけています。

南スーダン北部は不安定な情勢が続いています。マラカルのような事態が絶対に起きないとは限りません。MSFはマス・カジュアリティー(※1)への備えとして、医薬品の確保やトリアージ(※2)の準備もしています。

  • 紛争や災害などで一度に多数の死傷者が出る事態
  • 症状の程度に即して治療の優先順位を決めること

活動を続ける上で課題はありますか。

MSFをはじめとする保護区域内の医療援助を知ってもらい、手遅れになる前に診療を受けてもらうことが大切です。

一方で、日常的な病気やけがでもMSFもとに来院する患者もたくさんいます。現地でのMSFの活動歴が長いことや、2015年に行ったマラリア対策などで身近に感じているからでしょう。

ただ、できるだけ多くの患者にそれぞれの症例にあった医療を迅速に提供するためには、役割分担が重要です。保護区域内のリーダーたちにMSFを含む各団体の医療施設の担当内容を説明し、周知してもらえるように要請しています。

MSFは地域で唯一の二次医療提供者です。ベンティウような大規模な保護区域で質の高い二次医療を提供できていることは、大きな効果をもたらしていると言えるでしょう。

関連情報