100万人が「医療難民」に。そのわけは?

2018年04月23日掲載

2012年1月に内戦が発生して以来、情勢不安が続く西アフリカのマリ。国連PKO襲撃に関する報道の陰で、ニュースにならない命の危機があります。国境なき医師団(MSF)をはじめとする援助団体が活動しているにも関わらず、医療を受けることができない人びとが大勢いるのです。なぜ、このような事態に?

関連情報