シリア内戦:「いつ戻れるのか......」——周辺国で難民となった人びと

2014年08月14日掲載

シリアの内戦は、3年半を過ぎてなお、収束の気配が見えません。この間、15万人以上の命が奪われ、900万人以上が自宅を追われました。国外へ逃れた人は250万人を超え、イラクやヨルダンでは難民キャンプに、レバノンでは親類の家や建設中のビルの中などに、それぞれのつてをたどって滞在しています。国境なき医師団(MSF)の医療・人道援助が彼らの支えです。環境は厳しく、仕事や学校もなく、帰国できるめどもまったくたたない人びとの"いま"を写真でお伝えします。

関連情報