イラク:戦闘激化を受け、モスルでの援助を強化

2016年11月29日掲載

モスル北の病院で集団災害対策について協議するMSFスタッフ モスル北の病院で集団災害対策について協議するMSFスタッフ

イラク北部のモスル市をめぐる戦闘が激化している。国境なき医師団(MSF)は負傷者の治療のため、外科専門の野外病院を開設し、避難者への援助を拡大している。

開設したのは外科機能を持つ野外病院で、市街地から北へ約30kmの位置。また、南へ約60kmの位置のカイヤラ地域でも野外病院の設置を進めている。いずれも重傷者の容体安定や救急救命手術を行っている。

記事を全文読む

戦線に近い場所で救命救急を提供

野外病院に運びこまれる医療物資 野外病院に運びこまれる医療物資

北側の病院はモスル市とドホーク市をつなぐ幹線道路沿いにある。戦線に近いことで、戦闘の被害にあった人など致命的な負傷をしている患者をいち早く収容し、治療できる。イラクのMSF活動責任者バルバラ・トゥルケトは病院の設置場所について「処置の早さが生死を分けることもあるため」と説明する。

トゥルケトによると、最初に受け入れた患者の中には、自宅にロケット弾が直撃したという一家がいた。「一家のうち2人はMSFの病院で治療を受け、もう2人は容体安定化の処置を受けた後、シェハン地区の病院に移送しました。搬送されてくる患者の大半が、爆発物の破片や銃弾による負傷です」

地域の保健省職員と連携

一方、カイヤラの野外病院はモスル南部の医療ニーズに対応する。既存のプライマリ・ヘルスケアセンターの敷地内に設置し、可能な限り戦線に近い位置で外科治療を提供することが目的だ。救急救命室と入院病棟は既に完成した。外科施設は暫定的にテント式病院内に設置している。

これらの野外病院は近隣都市の医療施設とも連携する。各施設間の患者の移動は地元保健局の救急車が担当する。野外病院の医療提供はMSFスタッフと保健局職員の合同チームで行っている。

野外病院の"出先施設"の配置を検討

さらに、MSFは対応強化策として、野外病院よりも戦線に近い場所に小規模の医療施設を配置することを検討中。実現すれば、患者をまず小規模施設に運んで容体の安定化を図り、それから病院へと移送することができる。

MSFの移動診療チームは従来、アルビル県とニネワ県で、国内避難民を対象に心理ケアを含む医療・人道援助を行ってきた。その対象を、モスル市からゼレカンやハサンシャムの避難キャンプに逃れてきた人びとにも拡大している。

MSFは2006年からイラクで活動を継続。独立性確保のため、同国内のMSFプログラムは各国政府と国際機関からの資金を一切用いず、世界中の一般市民による寄付のみを財源に運営されている。

関連情報