「船はまるで救急車のよう」 地中海で命を救う捜索救助活動

2019年10月15日掲載

 迫害や拷問、極度の貧困から逃れるため、簡素なゴムボートで地中海を渡り、欧州を目指す人びと。海上で命を落とす悲劇が続いています。国境なき医師団(MSF)は、4年にわたり海難捜索救助を実施。多くの負傷者を乗せ、救助船はさらながら救急車のようです。多くの人が命がけで海を渡る理由とは。そして、海上で命を救うしくみとは——。

関連情報