必須医薬品キャンペーン

薬、ワクチン、医療を必要な人のもとへ

国境なき医師団(MSF)は1999年、ノーベル平和賞の受賞をきっかけに、必須医療品キャンペーンを開始。活動を通じて援助している人びとをはじめ、すべての人びとを対象とした救命・延命医療、検査手法、ワクチンの開発と利用の促進を目的としている。

重点課題は、結核ワクチン、薬剤耐性(AMR)の3つ。このほか、C型肝炎、顧みられない熱帯病、HIV/エイズ、非感染性疾患(NCD)にも取り組んでいる。これらの課題において、下記の活動に注力している。

  • 薬の価格競争を促して、人びとが薬、ワクチン、検査を適切な価格で入手できるよう提唱
  • 医療へのアクセスの妨げとなる各種協定や既得権益へ反対する取り組み
  • 援助を必要としている人びとにとって有益となる新しい医療モデルの分析と開発の促進

最新の活動ニュース

一覧を見る